コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロスケリヌス[コンピエーニュ] Roscelinus Compendiensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロスケリヌス[コンピエーニュ]
Roscelinus Compendiensis

[生]1050. コンピエーニュ
[没]1125頃
フランスのスコラ哲学者。故郷とランスで学び,故郷,ロッシュ,ブザンソン,ツールで教えた。極端な唯名論者とされ,P.アベラールの師の一人。アンセルムスの伝えるところでは,彼は普遍者は言語表現にすぎず,存在するのは個体だけであると主張。この考えが三位一体論 (それに関するアベラールあて書簡だけが彼の著作中現存) に適用されると,神の三位格はそれぞれ独立したものという三神論になるとして,1092年のソアソン教会会議で排斥された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ロスケリヌス[コンピエーニュ]の関連キーワードコペルニシウムコペルニシウム富山県の要覧SXGA+ドイツ語フライ級スーパーフライ級超ウラン元素

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android