コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロス棚氷 ロスたなごおりRoss Ice Shelf

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロス棚氷
ロスたなごおり
Ross Ice Shelf

南極大陸沿岸,ロス海奥部を覆う広大な棚氷。面積約 54万km2。表面高度は 50~100m,氷厚は 300~600m。北西端部にはロス島などがあり,北東部にはルーズベルト島(氷膨)が取り込まれている。1841年イギリスのジェームズ・C.ロスによって発見され,20世紀に入って極点征服競争の舞台となった。末端部が分裂し大小卓状氷山が生じている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ロス‐たなごおり〔‐たなごほり〕【ロス棚氷】

Ross Ice Shelf》南極のロス海南部を占める棚氷南緯77~85度に位置する。面積約53万平方キロメートル、氷の厚さ300~700メートル。南極最大の棚氷であり、フランス本土とほぼ同じ面積をもつ。北東部に大陸上陸に適したホエールズ湾がある。名称は、1841年に英国のジェームズ=ロスが発見したことから。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロス棚氷
ろすたなごおり
Ross Ice Shelf

南極、ロス海の南の南緯77~85度にある三角形の棚氷。面積約53万平方キロメートル。表面の高度は50~100メートルで平坦(へいたん)である。1841年イギリスのジェームズ・ロスが発見、命名した。氷縁は海面上平均30メートルの氷崖(ひょうがい)をつくり、割れて卓状氷山となる。氷縁の入り江にはホエールズ湾、開南湾、大隈(おおくま)湾がある。氷の厚さは北で300メートル、南で700メートル。南極横断山地からの氷河やマリー・バード・ランドからの氷河の流入によって形態が保たれている。年間積雪量は約60センチメートル。南緯80度、西経162度付近の氷の下にルーズベルト島Roosevelt Islandがある。同島は東西約80キロメートル、南北約150キロメートルで、標高約650メートル。島名は1934年アメリカのバードが命名した。ロス棚氷は昔から南極点到達の最短路として利用される。わが白瀬隊も鯨湾(ホエールズ湾)に上陸、1912年(明治45)1月28日、南緯80度5分、西経156度37分に到達し、付近を大和雪原(やまとゆきはら)と命名した。[楠 宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ロス棚氷の関連キーワードロス(Sir James Clark Ross)マリー・バード・ランドマリー・バード・ランドマリーバードランドクイーンモード山脈マクマード入江エレバス[山]ベアドモア氷河マクマード基地ウィランズ湖エレバス山ロンネ棚氷大和雪原白瀬海岸南極探検南極海

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android