コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロス棚氷 ロスたなごおり Ross Ice Shelf

3件 の用語解説(ロス棚氷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロス棚氷
ロスたなごおり
Ross Ice Shelf

南極大陸沿岸,ロス海奥部を覆う広大な棚氷。面積約 54万km2。表面高度は 50~100m,氷厚は 300~600m。北西端部にはロス島などがあり,北東部にはルーズベルト島(氷膨)が取り込まれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ロス‐たなごおり〔‐たなごほり〕【ロス棚氷】

Ross Ice Shelf》南極のロス海南部を占める棚氷。南緯77~85度に位置する。面積約53万平方キロメートル、氷の厚さ300~700メートル。南極最大の棚氷であり、フランス本土とほぼ同じ面積をもつ。北東部に大陸上陸に適したホエールズ湾がある。名称は、1841年に英国のジェームズ=ロスが発見したことから。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロス棚氷
ろすたなごおり
Ross Ice Shelf

南極、ロス海の南の南緯77~85度にある三角形の棚氷。面積約53万平方キロメートル。表面の高度は50~100メートルで平坦(へいたん)である。1841年イギリスのジェームズ・ロスが発見、命名した。氷縁は海面上平均30メートルの氷崖(ひょうがい)をつくり、割れて卓状氷山となる。氷縁の入り江にはホエールズ湾、開南湾、大隈(おおくま)湾がある。氷の厚さは北で300メートル、南で700メートル。南極横断山地からの氷河やマリー・バード・ランドからの氷河の流入によって形態が保たれている。年間積雪量は約60センチメートル。南緯80度、西経162度付近の氷の下にルーズベルト島Roosevelt Islandがある。同島は東西約80キロメートル、南北約150キロメートルで、標高約650メートル。島名は1934年アメリカのバードが命名した。ロス棚氷は昔から南極点到達の最短路として利用される。わが白瀬隊も鯨湾(ホエールズ湾)に上陸、1912年(明治45)1月28日、南緯80度5分、西経156度37分に到達し、付近を大和雪原(やまとゆきはら)と命名した。[楠 宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロス棚氷の関連キーワードフィルヒナー棚氷磁南極南極亜区ウィルキンス棚氷ジェームズロス島フィルヒナーロンネ棚氷ラーセン棚氷insular shelfshelf channelshelf break

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone