コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロマ ロマ Roma

6件 の用語解説(ロマの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロマ
ロマ
Roma

レソト中西部の町。首都マセル東南東約 30kmに位置する。ローマカトリック系の学校や伝道所,1975年設立のレソト国立大学がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ロマ
ロマ

ロム」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ロマ(Roma)

ヨーロッパを中心に、南・北アメリカなど世界各地で生活する少数民族。9世紀ごろインド北西部から発したといわれ、長く移動生活を続け、世界中に分布。言語はインド‐アーリア語系のロマニ語。音楽や踊りを好み、楽士・かご作り・鋳掛け・占いが伝統的な職業。ジプシーと呼ばれてきたが、ロマが自称。
レソト西部の村。首都マセルの南東約35キロメートルの谷間に位置する。19世紀後半にローマカトリック教会の伝道拠点が置かれた。国立大学があるほか、近郊では恐竜の足跡の化石が発見されている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ロマ

ジプシー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ロマ【Roma】

〔自称で、人間の意。ジプシーと呼ばれてきた〕
ヨーロッパを主に、各地に散在している少数民族。原住地はインド北西部とされる。数家族から十数家族で移動生活を送ってきたが、現在ではその多くが定住。ロマーニー語を話し、音楽をはじめ、独自の文化をもつ。ナチスによる絶滅政策など、各地で厳しい迫害を受けてきた歴史をもつ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロマ
ろま
Roma

ヨーロッパを中心に、東アジアを除くほぼ世界中に分布、生活する少数民族。ロムRom,Lom、ロマRoma(ロムの複数形)、ロマニRomany、ドムDomなどと自称し、これらはすべて彼らの言語で「人間」という意味である。歴史的に長く移動生活を続け、定住しなかったことから、「流浪の民」「漂泊の民族」といったイメージでみられ、各地の定住民の側から偏見による差別や迫害を受けることが多かった。現在では、定住や混血が進んでいる。彼らロマに対して使われた呼び名(他称)は大きく2種類の系統に分けることができる。一つは小アジアのフリギアにおけるマニ教の一宗派アティンガノイから派生したという説のある名称で、ドイツ語ツィゴイネルZigeunerフランス語のツィガーヌTsiganesなどである。もう一つは、「エジプト人」という意味の名称から派生したもので、英語のジプシーGypsy、フランス語のジタンGitan、スペイン語のヒターノGitanoなどである。これらの他称はいずれもヨーロッパ人からみて東方からやってきた未知の民族に対する、誤った出身地の推定から発したものである。最近ではこれらの呼称にかわって、ロマあるいはロマニとよぶことが多い。
 言語はインド・アーリア語に属するロマニ語。総人口は、500万人から1000万人までさまざまな推定があるが、いまも移動を続ける人々がいることや、混血が進み、別の民族集団と一括して数えられたりすることなどから、正確な人口を把握するのはむずかしい。[木村秀雄]

歴史

ロマの出身地がインド北西部であることはほぼ確実視されている。しかし、インドのどの民族集団と起源を同じくするのかは明らかではない。彼らがインドを出発したのは9~10世紀であったと思われるが、現在のロマがすべて同時に故地を離れたのではなく、おそらくは何度もの波に分かれて、長い時間をかけて次々に出発していったのであろう。移動の経路などについては明らかではない。またすべてのロマを単一の起源に帰するという考えには異論も出されている。
 10世紀には近東諸国に現れ、14~15世紀には小アジアからバルカン半島へ、そして東ヨーロッパ、西ヨーロッパへと移動し、近年では、南北アメリカ大陸からオーストラリアにまで移住している。[木村秀雄]

生活

移動の過程で、また新しい国に順応したり定住していく過程で、生計を支える手段は、好みや状況に応じ変化に富むようになってきたが、基本的には移動生活に適したものが多かった。金属加工や籠(かご)作りなどの工芸、移動手段としてたいへん重要であった馬の売買、そして楽士、占い師、アクロバットなど芸能に従事し、行く先々で人々に娯楽を提供するのが、彼らの伝統的な職業であった。
 各地の宗教を採用し、そのため宗教を原因とする周囲の人々との紛争は避けられてきたが、ロマ本来の汎神(はんしん)的、呪術(じゅじゅつ)的概念は色濃く残っており、死霊や超自然的存在に対する信仰を失っていない。木の板や布地でつくったテントや家馬車に住んでいたが、第二次世界大戦以降、彼らの生活も近代化され、家馬車は自動車に乗りかえられ、定住化が進んだ。[木村秀雄]

伝統的社会

移動生活を続けている「伝統的」ロマの社会でもっとも強固なまとまりをもつのは、父親または最年長の男性を中心とする世帯である。いっしょに移動するバンドは一つの世帯のみで構成されている場合もあるが、複数の世帯が集まって一つの移動団が形成される場合も多い。世帯や移動団の内部では忠誠、協調、相互扶助が強調され、違反者はバンドから放逐されることもある。移動団のメンバーは共通の出自に基づく同族団に属している場合が多い。この同族団を父系出自に基づく父系リネージ(系族)であるとしている学者もあるが、父系の出自原理が強いところでも、各個人は母系親族に対しても一定の権利・義務を保っており、また、結婚の際に夫が妻の移動団に入ることが義務づけられている場合もある。移動団、同族団およびその集合体である地域的にまとまった集団は、1人の首長ないし複数の長老たちによって率いられている。指導者たちは、移動を決定し、移動路を指示し、祭りを主催し、グループ内のもめ事を収める。紛争は長老たちの裁定によって解決するが、流血を伴う紛争の場合には、血讐(けっしゅう)などの暴力的手段がとられる場合もある。
 ロマは伝統的に自分たち以外とは通婚せず、他の人々と自らを峻別(しゅんべつ)して民族としてのアイデンティティ(帰属意識)を保ち続けてきた。しかし、ロマ全体を統一する組織や連帯意識は存在しなかった。第二次大戦後の定住化の流れのなかで、定住生活に入った人々もいるが、いまも移動生活を続ける人々もいる。移動するロマは定住するロマを「伝統を捨て独立の誇りを失った者」とみなし、定住ロマは移動ロマを「不安定な生活を続ける者」とみなして、互いに非難しあう傾向があった。定住を嫌うロマは、一か所にとどまって集落を形成しても一時的なもので、宿営地から宿営地へと移動を続ける。[木村秀雄]

迫害とロマの連帯

昔からロマは、しばしば追放や迫害の対象となってきた。1933年から始まったナチスによる「ジプシー絶滅政策」では、ヨーロッパ各地で50万人を超えるロマが犠牲になったといわれる。また現在もロマへの差別と迫害、地域住民との軋轢(あつれき)はなくなったわけではない。71年には、世界ロマニ連盟World Romany Unionが結成され世界中のロマの連帯と問題解決にむかって国際的な組織づくりを進めている。しかし統合を目ざす1990年代のヨーロッパでは、社会的・経済的不安のなか、民族憎悪による被害も多発しており、民族としての独自性をもち続けようとする彼らをとりまく状況は厳しい。[木村秀雄]

音楽

いわゆる「ジプシー音楽」といった場合、厳密にはロマ自身の民俗音楽をさすが、言語に比べると、世界中のロマに共通する音楽のスタイルといったものはない。広い意味では、ロマたちによって演奏され、洗練されてきた音楽全体を意味する。
 各地のロマのうち、東ヨーロッパとイベリア半島に住む集団による音楽がとくによく知られており、「ジプシー音楽」といえば、ハンガリーやルーマニアなどのジプシー・バンドや、南スペインのフラメンコ音楽をさすことが多い。ハンガリーでは18世紀の中ごろに、バイオリン、コントラバス、ツィンバロム(チター型弦鳴楽器)で構成される、今日のジプシー・バンドの基本的な形ができあがり、のちにはこれにクラリネットを加えたり、弦鳴楽器の数を増やしたりして演奏されるようになった。そして、ロマは伝統的な単旋律とドローン(低音を持続させて旋律的な他の声部を支えること)という形態にとどまらず、西ヨーロッパ的な意味での和声付けを行うようになった。ベルブンコシュverbunkosとよばれるハンガリーの舞曲のスタイルは、こうして18世紀末に生まれ、19世紀に流行するようになったものである。また、西アジア一帯で、祭りや結婚式、割礼の祝いなどで舞踊の伴奏に使われる、ズルナ(ダブルリードの管楽器)やダウリ(大太鼓)は、職業音楽家であるロマが演奏していることが多い。スペインのカンテ・フラメンコにおいても、スタイルやレパートリーの点でロマの貢献は大きく、今日もフラメンコの歌手やギター奏者、舞踊家にはロマ出身の人がかなり多い。
 なお、いわゆる「ジプシー音階」は、「ハンガリー音階」ともよばれるように、ハンガリーのベルブンコシュやチャールダーシュといった舞曲のなかによく現れるのでそう名づけられたもので、すべてのロマの音楽に共通するものではない。[卜田隆嗣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のロマの言及

【ジプシー】より

…ヨーロッパを主として,日本など一部の国を除く世界各国に散在している少数民族を指す他称(英語)。ジプシー自身は,自分たちのことをロムromとかロマroma(複数形),あるいはロマニチェルromanichelなどといっている。これらは彼らの言葉で〈人間〉を意味し,軽蔑的なニュアンスがまったくないから,最近ではジプシーのことをロマとか,ロマニーRomany,彼らの言葉をロマニー語と呼ぶことが多くなっている。…

※「ロマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ロマの関連キーワード北アメリカアメリカ撫子ヨーロッパトルコヨーロッパロシアユーロシマヨーロッパポイント哀愁のヨーロッパヨーロッパ通貨機構ヨーロッパ的アメリカ社会マッドジーンズ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロマの関連情報