コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロランの歌 ロランノウタ

デジタル大辞泉の解説

ロランのうた【ロランの歌】

《原題、〈フランス〉La Chanson de Roland》フランス最古の武勲詩。作者未詳。1050年ごろの成立と推定される。フランク王シャルル(カール大帝のスペイン遠征の帰途、味方の裏切りによる敵軍の奇襲で全滅する後衛部隊の指揮官で大帝の甥(おい)ロランの武勲をうたう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ロランのうた【ロランの歌】

フランス最古の叙事詩。作者未詳。1100年頃成立。カール大帝のスペイン遠征の帰途、味方の裏切りのためにピレネーの山中で壮烈な戦死を遂げる後衛軍の指揮官ロランの武勲をたたえる。ローランの歌。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロランの歌
ろらんのうた
La Chanson de Roland

フランス最古の武勲詩。作者不詳。最古のオックスフォード写本は1100年ごろアングロ・ノルマン方言で書かれている。10音綴(おんてつ)母音押韻詩4002行。フランク王シャルル(カール)大帝のスペイン遠征の史実(778)に基づいているが、その内容や背景ははるかに後代のものである。前半の内容は、遠征の帰路、大帝の甥(おい)で殿(しんがり)軍の指揮官ロランがロンスボーの峡谷でサラセン王マルシルの大軍に囲まれ壮烈な討ち死にをする「語り」である。この悲劇の背景には、義父ガヌロンGanelonを怒らせて裏切りへ走らせたり、本隊へ危急を告げる角笛(オリファン)を吹くようにとの親友オリビエOlivierの忠告に従わなかったロラン自身の思い上がりがあったりする。後半はシャルル大帝による復讐(ふくしゅう)である。大帝はマルシルの軍を破りサラゴスへ殺到し、そこへ救援のためやってきたバビロン大守バリガンとの、キリスト教圏とイスラム教圏の運命を賭(か)けた一騎打ちに神の加護により勝利を収め、裏切り者ガヌロンを処刑する。勇将ロランと知将オリビエの対照的な性格、自身の思い上がりの必然的結果ともいえるロランの死、シャルル大帝とバリガン大守との対決、などにみられるように、この作品の構成は学識や才能ある芸術家の均衡のとれた計算に基づいている。登場人物も生き生きと描かれ、ガヌロンは単なる卑劣な裏切り者ではなく、キリスト教圏の最高の指導者シャルル大帝の人間的な弱さにも触れている。17世紀フランス悲劇の傑作にも比すべき均整のとれた古典的作品である。[鷲田哲夫]
『有永弘人訳『ロランの歌』(岩波文庫) ▽佐藤輝夫訳『ローランの歌と平家物語』上下(1973・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ロランの歌の関連キーワードアブドゥル・ラフマーン(1世)ナバラ(歴史的地方名)狂えるオルランドイーゴリ遠征物語バスク(地方)オートクレールデュランダルローランの歌フランス文学カール大帝フランス語ベオウルフサラゴサアルマスローラン中世文学ピレネー叙事詩兵制戦死

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android