コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロンバルディア同盟 ロンバルディアどうめいLega Lombardo; Lombardischer Städtebund

3件 の用語解説(ロンバルディア同盟の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロンバルディア同盟
ロンバルディアどうめい
Lega Lombardo; Lombardischer Städtebund

神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世 (赤髯王) の帝権伸長の意図に対抗して,ロンバルディアの諸都市が自治権防衛のために結成した都市同盟フリードリヒ1世は 1154年以来コムーネに侵害されてきた皇帝特権の回復を目指し,たびたびイタリア遠征を敢行した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ロンバルディアどうめい【ロンバルディア同盟】

一二~一三世紀に神聖ローマ皇帝のイタリア支配に対抗して結成された北イタリア諸都市の二度にわたる同盟。皇帝権の衰退やイタリア都市国家分立の契機となった。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロンバルディア同盟
ろんばるでぃあどうめい

12、13世紀イタリアの、ロンバルディアLombardia地方の主要都市が、ドイツのフリードリヒ1世および同2世の強力な支配政策に対抗して、共同防衛のために2回結成した大同盟。最初の同盟は、ローマ教皇の仲介で1167年に16の都市によって結成された。同盟のシンボルとして重要防衛拠点に新都市を建設し、教皇の名をとってそこをアレッサンドリアAlessandriaと命名した。73年には31都市に膨張。76年に同盟軍がレニャーノの戦いで皇帝軍を破った。第2回目は、1226年19の都市および伯によって結成された。最初軍事的に敗北したが、のちにミラノ等の都市が抵抗して勝利を得た。この結果、一応皇帝の宗主権は認められたが、実質的に帝権は後退し、都市の自治が確立し、各地に領域的都市国家群が形成された。[佐藤眞典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロンバルディア同盟の関連情報