ロースター(英語表記)roaster

翻訳|roaster

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロースター
roaster

肉類を焼くための器具ガス式と電気式のものがあり,が直接に熱源部分に落ちて煙を出さないように,上方および側方から輻射熱によって焼くようになっている。日本では主として魚肉を焼くことを目的としてつくられているが,鶏肉などを焼くためのものもある。餅焼,串焼グラタンなどにも適している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ロースター(roaster)

肉や魚のあぶり焼きに用いる器具。
丸焼き用の若鶏(わかどり)。
コーヒー豆の焙煎(ばいせん)に用いる器具。
コーヒー豆焙煎をする人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ロースター

魚・肉焼器。電気式,ガス式があり,熱がまんべんなくいきわたり,炎が直接油にふれないよう工夫されているので,落ちた油が燃えず煙が出ない。テーブルこんろやレンジに組みこまれたもの(グリルとも)もある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ロースター【roaster】

電気やガスの熱で肉や魚などを焼く器具。
焼き肉用の若鶏わかどり

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロースター
ろーすたー
roaster

魚を焼くほか、簡単なあぶり焼きなどに用いる調理器具。1958年(昭和33)ごろに魚焼き器として日本で開発されたもので、JIS(ジス)では名称をフィッシュロースターと定めている。ガスロースターもあるが、一般に普及しているのは電気ロースターで、発熱体にはコイル状に巻いた電熱線を金属管外被で保護したシーズヒーターが使われている。消費電力は普通600ワットだが、800ワットぐらいの大型のものもある。上部から加熱する上火式になっており、焼き網の高さを調節して火加減できるものや、焼き網が反転するものなどもある。蓋(ふた)はアルミニウムかステンレス、受け皿はほうろう製が多く、煙が出ないようにするため受け皿には水を張って使用する。なお上蓋、ヒーター、受け皿などを取り外して洗えるものを選ぶとよい。[正木英子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロースターの関連情報