コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローゼンバーグ事件 ローゼンバーグじけん Rosenberg case

5件 の用語解説(ローゼンバーグ事件の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローゼンバーグ事件
ローゼンバーグじけん
Rosenberg case

ニューヨークの電気技術者 J.ローゼンバーグとその妻エセルが原子爆弾スパイとして 1953年に死刑に処せられた事件。 50年6月に同容疑で逮補された D.グリーングラス (エセルの弟で,第2次世界大戦ロスアラモス原子力研究所で働いていた機械工) の自白をもとに,同夫妻は原爆の機密をソ連に提供したとの理由で同年7月に逮捕された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ローゼンバーグ‐じけん【ローゼンバーグ事件】

1950年に米国で起きたスパイ事件。ユダヤ系米国人のジュリアス=ローゼンバーグが、ロスアラモスの原子爆弾製造施設に勤務していた義弟から機密情報を入手し、旧ソ連に渡したとして、夫婦とも逮捕され死刑に処せられた。
[補説]サルトルコクトーアインシュタインピカソなど多くの著名人が、この事件を冤罪として夫妻を支援したが、1995年に米国で開示された機密文書により二人とも旧ソ連のスパイであったことが判明した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ローゼンバーグ事件【ローゼンバーグじけん】

米国でローゼンバーグRosenberg夫妻が原爆スパイとして処刑された事件。夫妻は,第2次大戦中ソ連に原子爆弾の機密を売ったとの容疑で1950年逮捕されたが,最後まで無罪を主張。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ローゼンバーグじけん【ローゼンバーグ事件】

1950年代初めのアメリカで起きたスパイ事件。ソ連が原爆実験に成功した年の翌1950年,第2次大戦中アメリカで原爆計画に関係したイギリスの原子物理学者フックスKlaus Fuchsがソ連のスパイとして逮捕された。この事件を契機に,アメリカでフックスの共犯者捜しが始まり,同年,ジュリアス・ローゼンバーグJulius Rosenberg(1918‐53)とその妻エセルEthel R.(1915‐53)が原子力機密のソ連への漏洩に助力したかどで逮捕された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローゼンバーグ事件
ろーぜんばーぐじけん

ジュリアス・ローゼンバーグ(1918―53)とその妻エセル(1915―53)を、当時のソ連に原爆機密を売った犯人として処刑した事件。英原爆スパイ容疑者クラウス・フックスが逮捕されたのを契機に、同じスパイ・リングの一環として1950年2月グリーングラス夫妻とその義兄ローゼンバーグ夫妻が逮捕された。容疑は、夫妻が戦時中に原爆工場に電気工として勤務したグリーングラスから原爆機密を受け取り、これをソ連に売ったというものであったが、唯一の証拠はグリーングラスの自白だけで、ローゼンバーグ夫妻は最後まで潔白を主張して、自白すれば減刑するとの誘いも断って電気椅子(いす)で処刑された。証拠とされたグリーングラスの自白と彼の描いた図面も、アインシュタイン、ハロルド・ユーリー博士らの最高頭脳がアイゼンハワー大統領あて書簡で述べたように、まったく無意味なものでしかなかった。
 事件は、前年1949年にソ連が原爆を保有し、アメリカの原爆独占が破られたことに対する政治反動としてつくられたものとして、アメリカ国内でもヨーロッパでも強い抗議運動がおこり、アイゼンハワー大統領への世界著名人の処刑中止の要請も相次いだが、マッカーシズムの吹き荒れる当時のアメリカでは、処刑を中止させることはできなかった。現在では英米でいくつかの周到な調査に基づく研究書も出版されており、ローゼンバーグ夫妻が完全に無実であったことが論証されている。夫妻が獄中から幼い2人の息子たちに送った書簡集(邦訳名『愛は死を越えて』)は有名である。[陸井三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ローゼンバーグ事件の関連キーワードアイ・スパイアメリカ アメリカ寒い国から帰ってきたスパイ新スパイ大作戦スパイダーマンスパイダーマン2スパイダーマン3スパイナルタッププロ・スパイ非情の指令スパイ!

ローゼンバーグ事件の関連情報