コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロータリークラブ ロータリークラブ Rotary Club

翻訳|Rotary Club

3件 の用語解説(ロータリークラブの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロータリークラブ
ロータリークラブ
Rotary Club

世界最大の社会奉仕団体。会員は各都市で有用な職業に従事する人で,一業一人,入会は会員の推薦による。 1905年シカゴの弁護士 P.ハリスが社会奉仕の理想を掲げて3人の友人とクラブを組織したことに始る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ロータリー‐クラブ(Rotary Club)

国際親善と社会奉仕とを目的とする国際的な社交団体。1905年、米国で発足し、日本では20年(大正9)東京に最初の支部が設立された。1都市1支部、会員は1業種一人を原則とする。各支部が輪番で会合の場所を提供するところからの名称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ロータリークラブ【Rotary Club】

国際親善と社会奉仕を目的とする、実業人・専門職業人の国際的な社交団体。1905年アメリカに始まる。 〔会合を各会員の事業所が輪番で開いたことからの名〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロータリークラブの関連キーワード国際小麦協定国際人技能オリンピック国際場裡国際都市国際相関研究国際標準職業分類パートナー都市村山藤子デビス・カップ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロータリークラブの関連情報