ロート(Joseph Roth)(読み)ろーと(英語表記)Joseph Roth

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロート(Joseph Roth)
ろーと
Joseph Roth
(1894―1939)

オーストリアの作家。旧オーストリア帝国の東部国境に近いガリチア州のブロディーのユダヤ人家庭に生まれる。地元の高校を卒業後、同化の途(みち)を目ざし、ウィーン大学に学ぶ。第一次世界大戦に参加ののち、ジャーナリストとしてたち、まもなく新興の世界都市ベルリンへ移って活躍、有名な『フランクフルト新聞』をはじめ種々の新聞雑誌に寄稿した。ヨーロッパ各地への取材旅行のかたわら創作にも手を染め、『サボイ・ホテル』(1924)、『果てしなき逃走』(1927)、『ヨブ――ある愚かな男の物語』(1930)など、故郷ガリチアのユダヤ人世界を舞台とする作品を書いて注目され、祖国ハプスブルク帝国の没落の歴史を描く長編『ラデツキー行進曲』(1932)によって作家としての名も不動のものにした。1933年ヒトラー政権が成立するや国外に亡命、もっぱらパリに住み、愛惜の念を込めていまはなき祖国を回想する作品を執筆、多民族国家の理念に殉ずる人物を創出して、民族主義を批判し、ナチスを断罪した。そうしたものに『カプチン派教会の納骨堂』(1938)、『千二夜物語』(1939)などの長編、『美の勝利』(1934)、『皇帝の胸像』(1934)などの短編がある。彼の作品はなによりもまず読み物としておもしろいが、その本質は絶望から発した過去の理想化であり、願望としての汎(はん)ヨーロッパ文化理念の詩的表現である。39年亡命先のパリで客死した。

[平田達治]

『柏原兵三訳『ラデツキー行進曲』(1967・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android