コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローヤル・インスティチューション Royal Institution

世界大百科事典 第2版の解説

ローヤル・インスティチューション【Royal Institution】

王立研究所ともいう。イギリスで最初の科学のための研究・教育機関。ランフォードの提唱により,ローヤル・ソサエティ会員の尽力によって1799年に設立され,1800年国王の認可をえた。最初は物理,化学,生理の三つの教授職があった。このインスティチューションが設立された背景には,産業革命の進行に伴う社会不安の増大を危惧した進歩的地主層の応用科学(例えば農業技術の改良)への期待があったとされる。このような事情があったため,このインスティチューションでは,当初から一般大衆向けの各種出版物や講演会など啓蒙活動が重視され,毎週金曜日に一般講義を行った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のローヤル・インスティチューションの言及

【科学教育】より

… 18世紀半ばごろイギリスで始まった産業革命は,新しく起こった中産階級と労働者階級とに科学に対する関心をかきたてた。1800年にロンドンに設立されたローヤル・インスティチューションRoyal Institutionも,〈貧しい人々の間に科学技術の成果を普及する機関〉として設立されたものであったが,24年からは職工講習所mechanics institutes運動なるものが展開する。これは,労働者が機械とその基礎にある科学などを学ぶための講義室,実験室,図書室を建設しようとして始めた運動で,急速にイギリス全土に普及した。…

【科学教育】より

… 18世紀半ばごろイギリスで始まった産業革命は,新しく起こった中産階級と労働者階級とに科学に対する関心をかきたてた。1800年にロンドンに設立されたローヤル・インスティチューションRoyal Institutionも,〈貧しい人々の間に科学技術の成果を普及する機関〉として設立されたものであったが,24年からは職工講習所mechanics institutes運動なるものが展開する。これは,労働者が機械とその基礎にある科学などを学ぶための講義室,実験室,図書室を建設しようとして始めた運動で,急速にイギリス全土に普及した。…

【ランフォード】より

… 彼は行政面でも優れた手腕を発揮し,ミュンヘンにおける浮浪者対策として,彼らに衣食を与え労働を行わせる労働収容施設を作り,経済的に炊事を行うためにオーブンなどの器具や調理方法の改良を行い,またジャガイモやコーヒーの摂取を推奨した。99年ロンドンにもどり,新発明や改良についての知識を普及するための研究所の設立に尽力,1800年に国王により勅許が与えられ,ローヤル・インスティチューションとして同年に開設したこの研究所には,T.ヤングが自然哲学の教授として,またH.デービーが講演助手として採用された。05年にはフランスでA.L.ラボアジエの未亡人と結婚したが長くは続かず,14年8月孤独のうちにパリ郊外で死んだ。…

※「ローヤル・インスティチューション」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ローヤル・インスティチューションの関連キーワードジェイムズ・ホップウッド ジーンズローヤル・ソサエティハドフィールドマーチソンティンダルファラデー王立研究所デービーブラッグデュワーヤング

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android