コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローランの歌 ローランのうた Chanson de Roland

4件 の用語解説(ローランの歌の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローランの歌
ローランのうた
Chanson de Roland

フランス文学最古の叙事詩。 11世紀末頃成立と推定される。「武勲詩」のうちシャルルマーニュ伝説に属する作品。作者はチュロルドと目されるが確定していない。 778年シャルルマーニュ (カルル大帝) 軍の最後衛部隊がスペインからの帰途ピレネー山中のロンスボーの谷でバスク人の襲撃により全滅した史実に基づく。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ローランの歌【ローランのうた】

フランス最古の武勲詩。作者不詳。11世紀末から12世紀初めに成立。味方の裏切りにより異教徒サラセン人の大軍に襲われたカール大帝の忠臣ローランRolandらの勇壮果敢な戦闘とロンスボー峠での最期,そしてこの復讐(ふくしゅう)戦に大勝利を収める大帝の偉大さをうたい上げ,十字軍精神とキリスト教の勝利をたたえる。
→関連項目英雄叙事詩ピレネー[山脈]フランス語

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ローランのうた【ローランの歌 Chanson de Roland】

中世フランスの最古の武勲詩。11世紀半ばより口誦詩として発展,世紀末に現在の姿(オックスフォード本)となる。純粋に口誦詩として存在した原《ローランの歌》の作者は知るよしもないが,オックスフォード本の場合最後の詩句で名のる〈チュロルデュスTuroldus〉が作者ないし改作者であろう。主題は778年シャルル(カール)大帝のスペイン遠征の史実に基づくが,オックスフォード本《ローランの歌》では当時のイスラムに対する再征服と十字軍の気運の中でキリスト教世界とイスラム世界との対決の物語となり,戦士の倫理感と聖戦思想にあふれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ローランのうた【ローランの歌】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のローランの歌の言及

【アブド・アッラフマーン[1世]】より

…750年ウマイヤ朝の滅亡により北アフリカに逃れ,756年スペインに渡ってコルドバに後ウマイヤ朝を開き,ベルベル人の反乱やアッバース朝が糸を引く反乱を鎮めて王朝の基礎を築いた。サラゴサの領有をめぐるカール大帝との戦いは,中世ヨーロッパの武勲詩《ローランの歌》にうたわれている。【花田 宇秋】。…

【詩】より

… 中世に入ると,キリスト教化しつつヨーロッパに定着したゲルマン系の諸民族が,それぞれの伝承をもとに,神話的もしくは英雄的な叙事詩を生み出した。古いものでは8世紀ごろ成立したイギリスの《ベーオウルフ》があり,北欧の〈エッダ〉と〈サガ〉,ドイツの《ニーベルンゲンの歌》などのゲルマン色の濃いものや,おそらくケルト系のアーサー王伝説群,それに,キリスト教徒の武勲詩の性格をもつフランスの《ローランの歌》,スペインの《わがシッドの歌》などが,いずれも12,13世紀ごろまでに成立する。抒情詩としては12世紀ごろから南仏で活動したトルバドゥールと呼ばれる詩人たちの恋愛歌や物語歌がジョングルールという芸人たちによって歌われ,北仏のトルベール,ドイツのミンネゼンガーなどに伝わって,貴族階級による優雅な宮廷抒情詩の流れを生むが,他方には舞踏歌,牧歌,お針歌などの形で奔放な生活感情を歌った民衆歌謡の流れがあり,これがリュトブフ(13世紀)の嘆き節を経て,中世最後の詩人といわれるフランソア・ビヨン(15世紀)につらなる。…

【ロンセスバリェス】より

…フランス語ではロンスボー。778年フランク王カール大帝のイスラム教徒に対する遠征軍が帰途に当地のバスク人に敗北した戦いは,中世の叙事詩《ローランの歌》に伝承された。サンチアゴ・デ・コンポステラへの巡礼路のスペイン側の起点で,12世紀に建てられた修道院は宿泊所および病院にあてられた。…

※「ローランの歌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ローランの歌の関連キーワード騎士道物語サボア武勲詩ベディエロランの歌バスチーユフランスソワールロマンセアドネ・ル・ロアパリス父子

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone