ワイスホルン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワイスホルン

北海道南西部,共和町倶知安町の境にある火山。標高 1045m。山名は山容スイスのワイスホルンに似ていることに由来。活火山ニセコ火山群に属し,主峰ニセコアンヌプリ(1308m)の北方に位置する浸食の進んだ古い火山。スキー場として知られ,ニセコ積丹小樽海岸国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android