コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワイスホルン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワイスホルン

北海道南西部,共和町倶知安町の境にある火山。標高 1045m。山名は山容がスイスのワイスホルンに似ていることに由来。活火山ニセコ火山群に属し,主峰ニセコアンヌプリ(1308m)の北方に位置する浸食の進んだ古い火山。スキー場として知られ,ニセコ積丹小樽海岸国定公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ワイスホルンの関連キーワードワリス・アルプスG.W. ヤングゴルナーグラートツェルマット共和(町)アルプスアローザヤング

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android