コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワサビノキ Moringa oleifera; horse radish tree; ben tree

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワサビノキ
Moringa oleifera; horse radish tree; ben tree

ワサビノキ科の落葉高木で,インド東部とミャンマーに原産する。大型の3回羽状複葉を互生し,葉の裏面は粉白を帯びる。葉腋に大きな円錐花序を出し,白色5弁の花を多数つける。花弁の基部には黄色の斑点があり,5枚のうち上側の3枚は大きく,立上がって全体は蝶形花のようになり,芳香がある。長さ 50cmあまりもの長大な棍棒状の果実 (莢) を下垂する。植物体全体,特に根に辛み成分があり,香辛料となる。若い莢は野菜として食用,また種子をしぼってとる油 (モリンガ油 moringa oil) は時計用などの機械油とする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ワサビノキ【horseradish tree】

ワサビのような辛みのあるワサビノキ科の半落葉性の小高木(イラスト)。樹高5~10mほどになり,まばらに分枝した枝に,通常3回羽状に切れ込んだ大きな葉を互生あるいは対生状につける。黄白色の花は葉に腋生(えきせい)する大きな円錐花序に多数つき,花弁は5枚,径2~3cm。果実は長円柱形で両端はとがり,長さ30~60cm,熟すと裂開して多数の翼のある種子を放散する。インド原産で,現在は東南アジアからマレーシア地域,アフリカやアメリカ熱帯域で栽植されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワサビノキ
わさびのき
[学]Moringa oleifera Lam.

ワサビノキ科の落葉小木。インド、ミャンマー(ビルマ)一帯が原産地。樹高数メートルで、樹皮はコルク質で灰色。葉は枝に互生し、3回羽状複葉で長さ約60センチメートル、裏面は灰白色。花は葉腋(ようえき)に円錐(えんすい)花序をなしてつき、白い蝶形(ちょうけい)の五弁花で香りがよい。果実は棒状で30~60センチメートル、9本の稜(りょう)があり、枝からぶら下がる。果実の中には球形で翼のある種子がある。植物体全体に辛味がある。とくに根の辛味が強く、香辛料に用いる。種子には良質の油を含み、これを絞ってベン油またはモリンガ油とよび、時計など高級機械油に用いた。またサラダ油や香油としても用いられる。繁殖は実生(みしょう)により、生育は速く、熱帯全域に広まっている。ワサビノキ科は双子葉植物、離弁花類。草質の低木で、1属10種あり、熱帯に分布する。[星川清親]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ワサビノキの関連キーワード山葵の木乾陀羅樹山葵木

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android