コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワチガイソウ Pseudostellaria heterantha (Maxim.) Pax

世界大百科事典 第2版の解説

ワチガイソウ【Pseudostellaria heterantha (Maxim.) Pax】

温帯林中に生える繊細なナデシコ科多年草(イラスト)。根は肥厚して,小さな大根状となる。はやわらかく,高さ5~10cm。葉は上部のものほど大きく長さ3cm前後になるが,形は線形のものから,へら形や円形に近いものまでいろいろである。5~6月,茎の上方の葉腋(ようえき)に長い柄を持った小さな花を一つずつつける。花弁は5枚,長さ約5mmで白色,切れ込みはない。花柱2本,おしべ10本。茎の下方の葉腋には閉鎖花をつける。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワチガイソウ
わちがいそう / 輪違草
[学]Pseudostellaria heterantha (Maxim.) Pax.

ナデシコ科の多年草。根は主根がダイコン状に肥厚する。茎は直立し、高さ10~15センチメートル。春、茎の先に小さな5数性の白色花を少数開き、茎の下部に閉鎖花をつける。落葉樹林下に生え、関東地方以西の本州から九州、および中国に分布する。本種によく似るヒゲネワチガイソウP. palibiniana (Takeda) Ohwiは根が肥厚せず、普通、花は茎頂に単生し、7数性となることが多い。落葉樹林下に生え、中部地方、および朝鮮半島に分布する。
 ワチガイソウ属は、ナデシコ科のなかでは閉鎖花をつけるのが特徴的で、アジア東部の温帯を中心に約15種知られる。[三木栄二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ワチガイソウの関連キーワードワダソウ(和田草)温帯林

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android