コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワルシャワ公国 ワルシャワこうこくKsięstwo Warszawskie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワルシャワ公国
ワルシャワこうこく
Księstwo Warszawskie

ワルシャワ大公国とも呼ばれる。ティルジット条約によって,1807年に成立し,15年に解体したポーランド国家。ナポレオン1世と彼の指揮下のポーランド軍団が占領したワルシャワを含むポーランド分割後のプロシア領に建国。 09年にはオーストリア領のクラクフを含む西ガリチアをも併合。すでに『五月三日憲法』でスタニスワフ2世アウグスト・ポニャトフスキ王の断絶後に指定されていたザクセン公フリードリヒ・アウグスト1世がナポレオン1世に推挙されて統治。旧分割3列強のロシア,プロシア,オーストリア,特にロシアに対する前線基地として,ナポレオンとポーランド国民の利害をともにした。ナポレオン法典を基礎にした自由主義的憲法の発布により,東欧の一角に市民政治の発展をみる機会をもったが,その恩恵に浴したのは都市の中流以上の住民であり,農奴制は廃されたものの,賦役労働を強要される農民層が増大し,地主と都市ブルジョア層が台頭した。 12年ナポレオンのモスクワ遠征が失敗すると,ロシア軍の占領下におかれ,ナポレオンの敗北で解体。ウィーン会議の結果,旧分割3列強に再分割され,その大部分が会議王国 (ポーランド王国) に再編され,自由都市クラクフ共和国は共同保護下におかれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワルシャワ公国
わるしゃわこうこく

1807年ティルジットの和約によってナポレオン1世が創設した国。ポーランド第二次・第三次分割でプロイセン領になった地域をもとに成立。1809年には、第三次分割でオーストリア領となった地域を加えた。自由主義的な憲法が与えられ、ポーランド人の政府・行政組織がつくられ、一部有産市民にも代議員の選挙権が与えられた。また農奴制が廃止されたが、賦役制は存続した。祖国再興の第一歩としてポーランド人の期待を集めたが、ナポレオンの没落後ウィーン会議の決定によって、大部分が「ポーランド王国」(ロシア皇帝が国王を兼任)として、実質上ロシア帝国に編入された。しかし、公国時代の自治制度は、「ポーランド王国」に大部分継承された。[安部一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のワルシャワ公国の言及

【ポーランド】より

…すでに1794年,コシチューシュコは蜂起を前に,フランスに援助を要請している。このときは援助は具体化しなかったが,1797年にはイタリアで,最初のポーランド人部隊がナポレオンの了解のもとにつくられており,その多大な犠牲のおかげで1807年にワルシャワ公国が実現することになった(ティルジット条約)。しかしワルシャワ公国はあくまでもナポレオンによってつくられたものであり,ナポレオンの敗北(ナポレオン戦争)とともに消えていくべきものであった(公国内の農奴解放を実現したナポレオン法典は残る)。…

※「ワルシャワ公国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ワルシャワ公国の関連キーワードオストルフウィエルコポルスキウィエルコポルスカポニャトフスキ家東欧史(年表)マウォポルスカドンブロフスキポーランド史マゾフシェルブリンポズナンレシュノトルンラドム

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android