コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワルデン反転 ワルデンはんてんWalden inversion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワルデン反転
ワルデンはんてん
Walden inversion

二分子反応による置換反応立体配置反転すること。たとえば L(-) -塩化コハク酸を水酸化カリウムで処理してリンゴ酸を生成すると,その立体配置は D(+) 型に反転する。この反応は 1893年 P.ワルデンにより見出された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ワルデン反転【ワルデンはんてん】

光学活性体の立体配置が化学反応によって反転(旋光性の反転)する現象。1893年ロシアのワルデンPaul Walden〔1863-1957〕によってリンゴ酸の置換反応について発見された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ワルデンはんてん【ワルデン反転 Walden inversion】

求核置換反応において絶対立体配置の反転が起こる現象。名は発見者P.ワルデンにちなむ。この現象は一分子求核置換反応では特殊な場合を除いて起こらず,二分子求核置換反応(SN2)において通常観測される。すなわち,CXYZLという四つの基X,Y,Z,L(脱離基)をもつ分子に対してNu(求核試薬)が置換反応を行う場合,図に示すように,NuがLと反対側から攻撃し,Lが脱離しながら同時にC-Nu結合が生成する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワルデン反転
わるでんはんてん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ワルデン反転の関連キーワードウォルター ヒュッケル転位(有機化学反応)ポール ワルデン有機反応論立体特異性求核試薬

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android