コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二分子反応 にぶんしはんのうbimolecular reaction

世界大百科事典 第2版の解説

にぶんしはんのう【二分子反応 bimolecular reaction】

反応の分子数で化学反応を分類するとき,2個の分子が関係する形式の素反応をさす。2個の分子が同種異種かに応じてA+A―→CまたはA+B―→Dのように表される。たとえば反応2HI⇄H2+I2は正反応も逆反応も二分子反応である。実際に2分子間の衝突によって起こる反応で,衝突数が各成分の濃度の積に比例する場合,速度式がvk[A]2またはvk[A][B]で表される二次反応となる。ここでk比例定数で,速度定数と呼ばれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二分子反応
にぶんしはんのう
bimolecular reaction

化学反応の速度を理論的に取り扱うときに、反応が二つの分子の相互作用によっておこると考える場合、これを二分子反応という。反応が二つの分子の相互作用によっておこることは考えやすいから、反応速度の理論的取扱いの基本になっている。とくに気相での反応の場合、反応が関与する二つの分子間の衝突によっておこり、その回数はそれぞれの濃度と各分子の大きさ(衝突直径)、質量などによって決まるとしてよく説明できる場合が多い。これを反応の衝突理論という。[戸田源治郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の二分子反応の言及

【求核反応】より

…その割合は,基質の構造,求核試薬の種類,その他の反応条件によって支配される。どちらの反応も,反応速度が基質の濃度だけによって決まる一分子反応と,基質と試薬双方の濃度によって決まる二分子反応がある。求核置換ではSN1,SN2,求核脱離ではE1,E2とそれぞれ区別する。…

※「二分子反応」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

二分子反応の関連キーワード有機化学反応ワルデン反転有機反応論一分子反応逆反応

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android