ワーカーズコレクティブ(英語表記)workers' collective

デジタル大辞泉の解説

地域の住民が共同で出資し、全員が対等な立場で、経営に参加しながら、地域社会に必要なものやサービスを提供する事業体。営利を第一目的とせず、地域社会に貢献する事業を行う。日本では1980年代に生活協同組合の活動から派生して全国に広まった。同様の事業形態をとるワーカーズコープ(労働者協同組合)と同義に使われることもある。ワーコレ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

共同出資した組合員が経営権を所有し、自ら労働に従事して報酬を得る経営事業体。ワーカーズコープ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android