コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一人歩き/独り歩き ヒトリアルキ

デジタル大辞泉の解説

ひとり‐あるき【一人歩き/独り歩き】

[名](スル)
連れもなく、ただ一人だけで歩くこと。「深夜の―は危険だ」
他人の助けを借りずに自力で歩くこと。「子供が―するようになる」
自分の力だけで生活・仕事をすること。ひとりだち。「親元を離れて―する」
当初の趣旨や意図とは関係なく勝手に動いていくこと。「制度そのものが―を始める」「数字だけが―する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

一人歩き/独り歩きの関連キーワードSkoopOnSomebodyビビアン ウェストウッド福岡女性3人殺害事件駅ナンバリング五か条の誓文フェイク着信身体障害者初音ミクブランド不用心

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android