専行(読み)せんこう

精選版 日本国語大辞典「専行」の解説

せん‐こう ‥カウ【専行】

〘名〙
① ひとりの判断で実行すること。上司によらないで自分の判断で行なこと。
東京日日新聞‐明治一四年(1881)一一月一四日「来十五年よりは各台の付属とせられ徒刑一年以上は東京裁判所へ経伺のうへ処分し以下は行することに改正せらるるよし」
② 勝手気ままに事をすること。気ままに行なうこと。
万国公法(1868)〈西周訳〉四「君主乃ち一も其号を称することなく、専行燕出を以て出遊す」 〔淮南子‐主術訓〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android