コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寛ぐ クツログ

2件 の用語解説(寛ぐの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くつろ・ぐ【寛ぐ】

[動ガ五(四)]
仕事や心配ごとなどを忘れて、伸び伸びとする。心身をゆったりと休める。気がねなくのんびりと振る舞う。「温泉につかって―・ぐ」「―・いだ雰囲気」
窮屈な服装・姿勢などをやめて、楽なかっこうになる。「浴衣に着替えて―・ぐ」
能楽で、演者が演能の途中で観客に背を向けていることをいう語。一時的に、その登場人物が、場面から身を隠したことを意味する。
ゆるむ。ゆるくなる。
「冠(かうぶり)の額すこし―・ぎたり」〈・若菜上〉
ゆとりがある。余地ができる。
「数定まりて、―・ぐ所もなかりければ」〈・澪標〉
[可能]くつろげる
[動ガ下二]くつろげる」の文語形。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くつろぐ【寛ぐ】

( 動五[四] )
ゆったりとした気分になる。心身が休まる。 「休日に家族と-・ぐ」 「 - ・いだ雰囲気」
窮屈なかっこうから楽な姿になる。体が楽になるような姿勢になる。 「ゆかたに着替えて-・ぐ」 「膝を崩して-・ぐ」
(演能中に演者が休息をとる型)観客に背を向け、衣裳を直したり、物着をしたりする。
ぴっちりしまっているものがゆるむ。 「かうぶりの額、少し-・ぎたり/源氏 若菜下
余裕ができる。余地が生ずる。 「数さだまりて-・ぐ所もなかりければ/源氏 澪標
打ちとけて人に接する。心を許す。 「入鹿はおもき人なれどもいもには早く-・ぎ/幸若・入鹿」
[可能] くつろげる
( 動下二 )

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

寛ぐの関連情報