休む(読み)ヤスム

デジタル大辞泉「休む」の解説

やす・む【休む】

[動マ五(四)]
仕事・活動を中断して、心身を楽にする。休する。「食後に一時間―・む」
動きや働きが止まる。
「河水の、…―・まずに、流れ流れ流れて」〈蘆花自然と人生
眠るために床に就く。寝る。「夕食後早めに―・んだ」
欠席・欠勤する。「風邪で会社を―・む」
日ごろ続けてきたことをしばらくせずにいる。「植木に水をやるのを―・む」
病気が治る。
「七年をわたる間に、医薬方療してなほ―・まず」〈霊異記・中〉
[可能]やすめる
[動マ下二]やすめる」の文語形
[類語]1休らういこくつろぐ休息する休憩する一休みする小休止する少憩する一服する一息入れる・骨休めする休養する息をつくリラックス/(2休止する停止する中断する

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android