コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一面的 イチメンテキ

デジタル大辞泉の解説

いちめん‐てき【一面的】

[形動]意見や観察などが、ある一つの面にかたよっているさま。「一面的な見方」「一面的批評

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちめんてき【一面的】

( 形動 )
考え方や物の見方が、ある一方面だけにかたよっているさま。 ↔ 多面的 「 -な物の見方」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一面的の関連キーワードフランクル(Viktor Emil Frankl)ビコ(Giambattista Vico)プラグマティズム(W・ジェームズの著作)実教出版を巡る教科書採択問題マルクス・レーニン主義パワー・ポリティックスロナルド ファンゲン「世界の工場」中国小ソクラテス学派アンチステネスプロレトクリト楯の両面を見よポピュリズム否定的弁証法歴史修正主義交差いとこ婚ラマヌジャンシステム思考自然改造計画道具的理性

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一面的の関連情報