コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万場 まんば

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

万場
まんば

群馬県南西部,利根川の支流神流 (かんな) 川中流域地区。旧町名。 1926年町制。 2003年に中里村と合併して神流町となった。中流域の中心地であるが,大部分は山地で,狭隘な河谷に沿って走る十石峠街道以外は山越えのけわしい道である。傾斜地でコンニャクイモなどの栽培や林業が行なわれる。アユ,ヤマメ,ハヤなどの渓流釣りで知られる。神流川に沿って国道 462号線が通る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

万場
まんば

群馬県南西部、多野(たの)郡にあった旧町名(万場町(まち))。現在は多野郡神流(かんな)町の東部を占める一地区。旧万場町は1926年(大正15)町制施行。2003年(平成15)中里(なかさと)村と合併し、神流町となる。旧万場町地区は、神流川中流地域の中心で、北方の御荷鉾(みかぼ)山と南方の父不見(ててみえず)山などに囲まれた狭い傾斜地に立地する。川沿いの十石(じっこく)峠街道(現、国道462号)が谷口集落の藤岡(ふじおか)市鬼石(おにし)に通じる唯一の道路で、断崖(だんがい)絶壁が多く古来隔絶性の強い山村であったが、その後、藤岡市からバスが通じるようになった。水田は皆無で、傾斜地でコンニャクイモ、野菜、果樹が栽培される。[村木定雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

万場の関連情報