三保の松原(読み)みほのまつばら

  • の 松原(まつばら)
  • みお
  • みおのまつばら
  • みおのまつばら〔みほ〕
  • みほ
  • 三保

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

静岡県中部,静岡市南東部の三保半島のうち,駿河湾に臨む海岸。付近一帯には防風防砂林としてのマツが茂り,富士山を望む白砂青松景勝地として知られ,国の名勝指定。御穂神社や伝説にちなんだ「羽衣ノ松」(→羽衣伝説),東海大学海洋科学博物館などがある。2013年世界遺産文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

古典落語の演目のひとつ。「羽衣」の別題。
△静岡県静岡市清水区▽、駿河湾に突き出した三保半島の海岸線沿いにある面積約34ヘクタールの松林。富士山を望む白砂青松の景勝地として古くから知られ、国の名勝に指定。また「富士山―信仰の対象と芸術の源泉」の一部としてユネスコの世界遺産にも登録されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典・日本の観光資源の解説

(静岡県静岡市清水区)
美しい日本の歴史的風土100選 準100選」指定の観光名所。
(静岡県静岡市清水区)
静岡県のみずべ100選」指定の観光名所。
(静岡県静岡市清水区)
新日本三景」指定の観光名所。
(静岡県静岡市清水区)
日本三大松原」指定の観光名所。
(静岡県静岡市清水区)
日本の白砂青松100選」指定の観光名所。

出典 日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」事典・日本の観光資源について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

静岡市清水区の三保半島の海岸砂丘に連なる松の防風林。富士山を望む白砂青松の景勝地で、御穂神社の前浜に羽衣の松がある。国名勝。みおのまつばら。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三保の松原の関連情報