三保の松原(読み)みほのまつばら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三保の松原
みほのまつばら

静岡県中部,静岡市南東部の三保半島のうち,駿河湾に臨む海岸。付近一帯には防風防砂林としてのマツが茂り,富士山を望む白砂青松の景勝地として知られ,国の名勝に指定。御穂神社や伝説にちなんだ「羽衣ノ松」(→羽衣伝説),東海大学海洋科学博物館などがある。2013年世界遺産文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

みお‐の‐まつばら〔みほ‐〕【三保の松原】

みほのまつばら

みほ‐の‐まつばら【三保の松原】

静岡県静岡市清水区の、駿河湾に延びる砂嘴(さし)にある松原。富士山を望む景勝地として知られ、羽衣(はごろも)の松や御穂神社がある。平成25年(2013)「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の一つとして世界遺産に登録された。→富士山

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三保の松原の関連情報