コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三保ノ松原 みほのまつばら

2件 の用語解説(三保ノ松原の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

みほのまつばら【三保ノ松原】

静岡市、駿河湾にのびる砂嘴さし。北東に富士山を望む白砂青松の景勝地。羽衣の松や御穂神社がある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みほのまつばら【三保ノ松原】

静岡県清水市の三保半島にある松原。《万葉集》にも詠まれた駿河の景勝地で,白砂青松富士山の眺望によって古来有名である。駿河湾に突きでた三保半島は有度(うど)山が海食されて生じた砂礫を沿岸流が運んでつくった砂嘴で,内側に清水港を抱き,先端は北方へ曲がって港の入口の真崎,清水港に突出する貝島岬と塚間弁天岬の三つの鉤状の枝に分かれ,いわゆる分岐砂嘴の形状を呈している。三つの岬があることから〈三穂〉あるいは〈御穂〉の呼称が生まれ〈三保〉となったという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三保ノ松原の関連情報