コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

再保障条約 さいほしょうじょうやくRückversicherungsvertrag; Reinsurance Treaty

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

再保障条約
さいほしょうじょうやく
Rückversicherungsvertrag; Reinsurance Treaty

再保険条約,二重保障条約とも呼ばれる。 1887年6月 18日,ドイツロシアの間で締結された秘密条約。ドイツ宰相ビスマルクの国際均衡政策に基づく保障機構の一つ。 87年はドイツ,オーストリア,ロシアの三帝同盟が満期となる年であったが,バルカン問題をめぐってオーストリア,ロシアの対立が生じ,ロシアはフランスに接近をはかったことから,ビスマルク外交の一環をなす三帝同盟が継続困難となった。そこでビスマルクはロシア,フランスを同盟国としないために,87年6月 18日ロシアとの間に協商条約を調印した。その内容は,ロシアのバルカン進出,ブルガリア,東ルメリアでの既得権利を承認するかわりに,フランスの対ドイツ攻撃にはロシアが中立を守るというものであった。ロシア,オーストリアの対立のなかでドイツ=オーストリア同盟を維持し,同時にドイツはロシアと結ぶという意味で二重保障と称された。期限は3年であったが,90年ドイツはその更新を拒絶し消滅した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

再保障条約【さいほしょうじょうやく】

1887年成立した独・露間の秘密条約の通称。再保険条約,二重保障条約とも。三帝同盟の継続が困難とみたドイツ宰相ビスマルクがロシアとの保障関係維持を策したもの。バルカンにおける国境の現状維持,および条約締結国の一方が第三国の攻撃を受けた場合には他方が好意的中立を守ることを約した。
→関連項目カプリービ露仏同盟

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さいほしょうじょうやく【再保障条約 Rückversicherungsvertrag[ドイツ]】

1887年6月,ドイツとロシアの間に結ばれた秘密条約。二重保障条約ともよばれる。すでにドイツとロシアの間には,三帝同盟が結ばれていたが,これが期限切れとなる87年に,両国は3年の期限で,第三国との戦争に際し,双方が好意的中立を守ることを約束。ただし締約国の一方がオーストリアおよびフランスを攻撃した場合には適用されない。ビスマルクはこれによってロシアのフランスへの接近を妨げ,対立するロシアとオーストリアをともにドイツに結びつけることに成功した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

再保障条約
さいほしょうじょうやく

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

再保障条約の関連キーワード三国同盟(ドイツ、オーストリア、イタリア)ドイツ・オーストリア同盟ロシア・フランス同盟ウィルヘルム[2世]ウィルヘルム2世シュワイニッツ第一次世界大戦二重保険条約二重外交新航路

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

再保障条約の関連情報