コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三平方の定理 サンヘイホウノテイリ

百科事典マイペディアの解説

三平方の定理【さんへいほうのていり】

ピタゴラスの定理

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんへいほうのていり【三平方の定理】

∠Aが直角である△ABCの3辺BC,CA,ABの長さa,b,cとするとき,a2b2c2という関係が成り立つ(図1)。すなわち,直角三角形ABCの斜辺BCを1辺とする正方形面積は,辺CAを1辺とする正方形の面積と辺AB上に作った正方形の面積の和に等しい(図1)。これはユークリッド幾何学におけるもっとも重要な定理の一つで,三平方の定理と呼ばれている。この定理は古代ギリシアの哲学者ピタゴラスによって発見されたといわれ,ピタゴラスの定理とも呼ばれているが真偽のほどは定かでない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三平方の定理
さんへいほうのていり

ピタゴラスの定理」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三平方の定理
さんへいほうのていり

直角三角形ABCが与えられたとき、斜辺BCを1辺とする正方形の面積は、他の2辺AB、ACを1辺とする二つの正方形の面積の和に等しい。すなわち、
  BC2=AB2+AC2
が成立する。これを三平方の定理という。紀元前540年ごろギリシアの数学者ピタゴラスが発見したものといわれ、ピタゴラスの定理として知られている。日本では三平方の定理という呼び方が第二次世界大戦中に考案され、以後通称となった。この定理の逆も成り立つ。すなわち、三角形の1辺の平方が他の2辺の平方の和に等しければ、始めの辺に対する頂角は直角である。この逆定理の成立によって、たとえば、辺の長さが3、4、5である三角形は32+42=52であるから、直角三角形となる。この3、4、5の関係を用いて直角をつくる方法は、古代エジプトや古代中国においても土地の区画などに用いられたという。和算(江戸時代の数学)においても、三平方の定理は勾股弦(こうこげん)という呼び名で知られていた。弦とは直角三角形の斜辺のことで、勾と股は残りの2辺の短いほうと長いほうのことを表している。
 等辺を1とする直角二等辺三角形の斜辺の長さがになることは、無理数というまだ知られていなかった数の発見のきっかけとなった。一方、3、4、5のような三平方の関係を満足する整数の組をピタゴラス数という。mとnを正の整数とすると(m>n)、
  m2-n2, 2mn, m2+n2
はピタゴラス数になる。三平方の定理は平面や空間の2点間の距離の公式の基礎でもある。[柴田敏男]
『大矢真一著『ピタゴラスの定理』(1975・東海大学出版会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

三平方の定理の関連キーワードトレミーの定理ストイケイアピタゴラス数鉤股弦の定理マスタード余弦定理九章算術三角関数数学

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android