コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三明 さんみょう tisso-vijjā

5件 の用語解説(三明の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三明
さんみょう
tisso-vijjā

仏教用語。3種の神通力の意。智慧の働きをいう。 (1) 宿命 (しゅくみょう) 明。自己と他人の生れる以前の過去世の状態を知る智慧の働き。 (2) 天眼 (てんげん) 明。自己や他人の未来世の状態を知る智慧の働き。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さん‐みょう〔‐ミヤウ〕【三明】

仏語。仏がそなえる三つの智慧。自他の過去世のあり方を自由に知る宿命明、自他の未来世のあり方を自由に知る天眼(てんげん)明、煩悩(ぼんのう)を断って迷いのない境地に至る漏尽明。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さんめい【三明 Sān míng】

中国,福建省の中部西寄り,閩江(びんこう)の南の源流である沙渓の中流域にある新興工業都市。人口25万(1994)。1960年,三明県のうち,もとの三元県の市街区を分離して市が設置された。永安市と9県を管轄する。鷹厦鉄道(鷹潭~厦門(アモイ))の中心点にあり,省内および江西省,さらに浙贛(せつかん)鉄道(杭州~株洲)を通じて国内各地と結ばれる交通上の利点と,石炭,鉄鉱石,マンガンなど鉱産資源が豊富なことから,1958年より中規模の製鉄所の建設が始まり,三明製鉄所は省内第一の規模を持つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さんみょう【三明】

〘仏〙 自他の未来を知る天眼通、自他の過去を知る宿命通、煩悩ぼんのうを断って明智を得る漏尽通の三つの能力。過去と未来を知った上で、現在を悟り一切の煩悩を断つこと。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三明
さんめい / サンミン

中国、福建(ふっけん/フーチエン)省中部の市。(びんこう/ミンチヤン)の南の源流である沙渓(さけい)の中流域に位置する。人口266万7210、市轄区人口27万6126(2000)。1958年以後、周辺地域の地下資源開発の進展に伴って工業が発展し、重化学工業都市となった。60年に市制施行、尤渓(ゆうけい)県など9県を管轄し、永安市の管轄代行を行う。鷹厦(ようか)鉄道が通じ交通の便がよい。福建省の鉄鋼業の中心地で、ほかに火力発電、合成アンモニア、化学肥料、セメント、ガラス、建材、電子、紡織などの工業が立地する。農業は水稲作のほか柑橘(かんきつ)類の栽培が盛んで、周辺山地は山林に覆われ、森林被覆率は60%を超えている。とくにタケノコの生産で有名。[青木千枝子・河野通博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三明の関連キーワード閩江福州福建建茗土楼林森南平馬祖島建甌武夷山脈

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三明の関連情報