コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三木竹二 みきたけじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三木竹二
みきたけじ

[生]慶応3(1867).9.5. 石見
[没]1908.1.10.
劇評家。本名森篤次郎。小説家森鴎外の実弟。 1891年東京医科大学卒業,内科医をつとめる。かたわら学生時代より三木竹二の名で歌舞伎劇評に筆をとった。 1900年安田善之助の出資で創刊された『歌舞伎』を主宰し編集にあたる。従来の役者評判記の見巧者的な態度を排し,型の記録や合評などの新しい形式,内容をもつ劇評を行い,近代批評の基礎を築いた。一方,小山内薫ら後進の育成指導にも尽力した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

みき‐たけじ【三木竹二】

[1867~1908]劇評家島根の生まれ。本名、森篤次郎。森鴎外の弟。雑誌「歌舞伎」を創刊・主宰。演劇評論、海外の演劇紹介などに活躍した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

三木竹二【みきたけじ】

演劇評論家。本名森篤次郎。森鴎外の次弟。島根県生れ。東京医科大学卒業後開業。学生時代から劇評を書き,1900年には雑誌《歌舞伎》を創刊・主宰して,劇評,考証,型の記録,外国演劇を紹介。
→関連項目伊原青々園しからみ草紙

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三木竹二 みき-たけじ

1867-1908 明治時代の演劇評論家。
慶応3年9月5日生まれ。森鴎外(おうがい)の弟。東京で内科医を開業。かたわら歌舞伎を研究し,鴎外の「しからみ草紙」などに劇評をのせる。明治33年「歌舞伎」を創刊。役者評判記の域をこえた近代劇評の型を確立した。明治41年1月10日死去。42歳。石見(いわみ)(島根県)出身。帝国大学卒。本名は森篤次郎(とくじろう)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

三木竹二

没年:明治41.1.10(1908)
生年:慶応3(1867)
演劇評論家。本名森篤次郎。森鴎外の弟。島根県生まれ。6歳のとき上京。帝国大学医科大卒業後,開業。幼少より演劇に親しみ,学生時代から筆名で劇評を書き,兄に協力して西欧戯曲の翻訳,紹介に努めた。明治25(1892)年から雑誌『歌舞伎新報』の編集に参加,33年より雑誌『歌舞伎』(第1次)を主宰刊行。当時の新聞記者達の見功者的な劇評をきびしくとがめ,新時代の演劇評の確立をめざす一方,皮相な演劇改良論に対しては美学的見地から古典歌舞伎を擁護した。雑誌『歌舞伎』に連載した「型の記録」は以後の歌舞伎研究の貴重な資料。<参考文献>戸板康二「三木竹二」(『日本演劇』1944年9月号)

(権藤芳一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みきたけじ【三木竹二】

1867‐1908(慶応3‐明治41)
劇評家。本名森篤次郎。森鷗外の弟。東京医科大学を卒業してのち,開業医になったが,早くから演劇への関心深く,鷗外と協力して西欧戯曲を翻訳,1892年には雑誌《歌舞伎新報》の編集に加わり,1900年からは雑誌《歌舞伎》(第1期)を主宰刊行した。俳優の演技を克明に記した〈型〉の著述と,穏健適切な劇評によって,劇界に大きく貢献している。【松井 俊諭】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

みきたけじ【三木竹二】

1867~1908) 劇評家。島根県生まれ。本名、森篤次郎。帝国大学医科大学卒。森鷗外の弟。「歌舞伎新報」の編集に加わり、のち雑誌「歌舞伎」を主宰創刊。特に、歌舞伎の型の研究に功があった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の三木竹二の言及

【しからみ草紙】より

…また,この雑誌はいわゆる〈没理想論争〉において坪内逍遥に対して〈山房論文〉の名のもとに鷗外が論陣を張ったことによって知られている。これらの鋭い批評に加えて鷗外訳によるアンデルセンの《即興詩人》,三木竹二の劇評,古典の翻刻などが誌面を飾った。後継誌に《めさまし草》がある。…

※「三木竹二」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三木竹二の関連キーワード歌舞伎(雑誌)しがらみ草紙岡田 八千代めさまし草鈴木 春浦明治時代川尻清潭

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android