コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三瀬[村] みつせ

1件 の用語解説(三瀬[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

みつせ【三瀬[村]】

佐賀県北部,神埼郡の村。〈みつぜ〉とも読む。人口1738(1995)。北部は脊振山地の尾根が連なり,福岡県と接する。周囲を山々に囲まれて盆地状の地形をなし,その中を初瀬川嘉瀬川高瀬川の3河川が流れ,南西部,佐賀郡富士町にまたがる北山(ほくざん)貯水池に注ぐ。戦国期,肥前北部の山地一帯に勢力を扶植し,竜造寺氏と覇を競った神代(くましろ)氏の居城が宿(しゆく)にあり,城跡には神代勝利をまつった石祠がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三瀬[村]の関連キーワード井上萬二神埼佐賀県吉野ヶ里遺跡虹の松原吉野ヶ里大木知光嶮崖巧安徳川権七中島吉郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone