コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三瀬[村] みつせ

1件 の用語解説(三瀬[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

みつせ【三瀬[村]】

佐賀県北部,神埼郡の村。〈みつぜ〉とも読む。人口1738(1995)。北部は脊振山地の尾根が連なり,福岡県と接する。周囲を山々に囲まれて盆地状の地形をなし,その中を初瀬川嘉瀬川高瀬川の3河川が流れ,南西部,佐賀郡富士町にまたがる北山(ほくざん)貯水池に注ぐ。戦国期,肥前北部の山地一帯に勢力を扶植し,竜造寺氏と覇を競った神代(くましろ)氏の居城が宿(しゆく)にあり,城跡には神代勝利をまつった石祠がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone