コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三瀬峠 みつせとうげ

4件 の用語解説(三瀬峠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三瀬峠
みつせとうげ

福岡市西部の早良区佐賀市の境にある峠。標高 583m。脊振山地の中部にあり,国道 263号線が越え,その東側を有料道路の三瀬トンネルが通じる。北の福岡市側は急傾斜の断層崖をなし道路は曲折してふもとに曲渕ダムがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔福岡県(佐賀県)〕三瀬峠(みつせとうげ)


三瀬峠(みつぜとうげ)

〔福岡県(佐賀県)〕三瀬峠(みつぜとうげ)


福岡・佐賀県境をなす脊振(せふり)山地中部にある峠。標高約580m。「みつせとうげ」とも読む。古来、筑前(ちくぜん)と肥前(ひぜん)を結ぶ要地。国道263号が通じ、東約300mを有料の三瀬トンネル(愛称「やまびこロード」)が開通した。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三瀬峠
みつせとうげ

九州北部、福岡・佐賀県境にある、脊振(せふり)山地越えの代表的な峠。「みつぜとうげ」ともいう。玄界灘(げんかいなだ)側の室見(むろみ)川水系と有明(ありあけ)海側の嘉瀬(かせ)川水系の分水界に位置する。標高約583メートル。北は福岡市早良(さわら)区、南は佐賀市三瀬村地区で、福岡・佐賀両市を結ぶ国道263号が通ずる。古来、筑前(ちくぜん)・肥前(ひぜん)国境の交通要衝の地で、佐賀藩も番所を設けた。佐賀県側は高原状であるが、福岡県側は急傾斜で曲渕(まがりぶち)ダム付近までは道路の屈曲が多い。冬季は積雪や道路の凍結などがみられ、三瀬トンネルが設けられた。佐賀県の脊振北山(ほくざん)県立自然公園の北山ダムなどに近く、三瀬トンネルに脊振山地開発への期待がかかっている。[川崎 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の三瀬峠の言及

【三瀬[村]】より

…戦国期,肥前北部の山地一帯に勢力を扶植し,竜造寺氏と覇を競った神代(くましろ)氏の居城が宿(しゆく)にあり,城跡には神代勝利をまつった石祠がある。村域北端の三瀬峠(583m)を越える道は肥前と筑後を結ぶ重要なルートで,江戸時代には番所が置かれた。現在は国道263号線が通り,佐賀・福岡両市を結ぶ。…

※「三瀬峠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三瀬峠の関連キーワード脊振山地脊振山背振山背振山地脊振〈村〉佐賀県神埼市脊振町服巻佐賀県神埼市脊振町広滝佐賀県神埼市脊振町鹿路東脊振〈村〉浮嶽

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三瀬峠の関連情報