コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三老 さんろうsan-lao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三老
さんろう
san-lao

中国,秦・漢代の郷官。当時の下の地方行政組織である郷には三老,有秩 (ゆうちつ) ,嗇夫 (しょくふ) ,游徼 (ゆうきょう) の郷官がおかれた。有秩以下は郡や県から派遣されて,それぞれの訴訟,徴税治安などを司る下級官吏であったが,三老には秩禄はなく,民の教化を司ることを任務とした。国家は郷内の人望ある土豪を三老とし,彼らのもつ土着勢力を利用して権力の浸透をはかったものと考えられる。三老は秦以前にも存在したが,漢代にはときに県三老,あるいは郡三老,国三老がおかれることがあり,またその名称は魏・晋代にも見受けられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さん‐ろう〔‐ラウ〕【三老】

中国、代に県や郷に置かれた郷官の一。父老中の有徳者として、その地方住民の教化をつかさどった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さんろう【三老 Sān lǎo】

中国,秦・漢の県・郷(郷里(きようり)制)などに置かれた官吏に準ずる職。里内の指導者層であり,かつ50歳以上の父老の1人を推して郷三老とし,さらにその1人を選んで県三老とした。郷三老は民の師として郷里の住民の教化をつかさどった。県三老は中央から派遣された令・丞・尉のもとで県政に参与し,在地の輿論(よろん)や利害を代弁した。このほかに郡三老も置かれたことがある。また,王莽(おうもう)以後,国三老がしばしば推挙されているが,これは三老五更の儀礼の執行のおりに,天子の父親に擬せられる名誉の役目である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さんろう【三老】

中国、漢代に、村の教化に当たった長老。
上寿(一〇〇歳)・中寿(九〇歳)・下寿(八〇歳)の人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三老
さんろう

中国古代、民間にあって教化をつかさどった準役人(郷官(きょうかん))の一種。おおむね地方の年長の有力者が選任され、漢代では皇帝支配の末端にあって一定の秩序化の機能を果たした。すでに戦国時代の魏(ぎ)に三老の名がみえ、秦(しん)代には郷三老があった。前漢では県・郷三老が置かれ、後漢(ごかん)のとき国・郡三老が加えられたらしい。『漢書(かんじょ)』には「民の五十以上、修行ありてよく衆の師となりて善をなす者を挙(あ)ぐ」とみえる。[尾形 勇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の三老の言及

【漢】より

…このような里を最小単位として構成されている郷は,したがって自治独立の意識がさかんであった。郷には三老(教化をつかさどる)をはじめ,嗇夫(しよくふ)(税務,訴訟をつかさどる)や遊徼(ゆうきよう)(治安をつかさどる)がおかれ,またいくつかの里の警察をつかさどるものとして亭があり,亭には亭長がおかれていた。郷官と総称されるこれらの小吏は,いずれも住民の中から推挙されて郡県から任命されたものである。…

【郷里制】より

…そしていくつかの郷が集まると,その最大のものが県=都郷となり,他の郷を従えた。郷には三老・嗇夫(しよくふ)・游徼(ゆうきよう)がいて,三老は祭祀や自治的諸慣習の指導者であり,嗇夫が裁判と徴税を,游徼が警察事務をつかさどり,亭には亭長がおかれた。これら自然集落の郷や亭の城内はいくつかの里に区画され,それぞれの里は約100戸からなり,里正や父老がいて税役の徴収に責任をおわされ,郷の嗇夫の監察をうけた。…

※「三老」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三老の関連キーワード三宅 藤九郎(9代目)姨捨・伯母捨・姨棄文帝[前漢]角田 喜右作庵梅・庵の梅鹿島立最中船津伝次平常陸風土記久須美疎安角田喜右作檜垣・桧垣奈良専二片山幽雪中村直三隈部親永鸚鵡小町朝倉孝景一噌仙幸関寺小町延命冠者

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三老の関連情報