三菱信託銀行(読み)みつびししんたくぎんこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「三菱信託銀行」の解説

三菱信託銀行
みつびししんたくぎんこう

信託銀行。1927年三菱信託として設立。1929年大阪支店を開設。金銭信託を中心に拡大,国債外貨債に積極的に投資を行なった。1948年朝日信託銀行と改称,同時に普通銀行業務を兼営,1950年に外国為替業務,1951年には証券投資信託を受託,1952年三菱信託銀行に社名変更。同時に貸付信託業務を開始,資金量が大幅に拡大した。1962年適格年金信託(→年金信託)受託,1965年住宅ローン,1969年には従業員持株信託を扱い勤労者の財産形成に取り組んだ。1998年,同じ三菱グループの東京三菱銀行東京海上火災保険明治生命保険とともに,投資信託と証券分野を中心とする業務提携を結んだ。2001年日本信託銀行,東京信託銀行を合併。2005年 UFJ信託銀行と合併し,三菱UFJ信託銀行となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android