コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三谷隆正 みたにたかまさ

4件 の用語解説(三谷隆正の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三谷隆正
みたにたかまさ

[生]1889.2.6. 神奈川
[没]1944.2.17. 東京
教育者。明治学院普通部を卒業し,第一高等学校に在学中新渡戸稲造に師事,また柏会の会員となり内村鑑三の感化を受ける。 1915年東京帝国大学英法科を卒業し第六高等学校に赴任,法制,ドイツ語を担当。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三谷隆正 みたに-たかまさ

1889-1944 大正-昭和時代前期の教育者。
明治22年2月6日生まれ。内村鑑三に師事し,キリスト教に入信。六高,一高などで法制,ドイツ語をおしえ,高潔な人格によって学生を感化した。南原繁ほか編「三谷隆正全集」5巻がある。弟に三谷隆信,異母姉に三谷民子,異父兄に長谷川伸。昭和19年2月17日死去。56歳。神奈川県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

みたにたかまさ【三谷隆正】

1889‐1944(明治22‐昭和19)
教育者。神奈川県に生まれ,第一高等学校を経て東京帝国大学法科大学を卒業。のち第六高等学校,静岡高等学校,第一高等学校の教授。一高在学中新渡戸稲造の感化をうけ,名物教授岩元禎の愛弟子とされ,また内村鑑三に学んで無教会主義キリスト信者となる。南原繁との交友も有名で,南原の歌集《形相》に多数詠まれている。法学と法哲学の研究のほか,《信仰の論理》(1926),《幸福論》(1944)などで教養主義の克服を教え,青年に大きな影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三谷隆正
みたにたかまさ
(1889―1944)

教育者、哲学者。神奈川県生まれ。第一高等学校を経て、東京帝国大学法科大学を卒業。第六高等学校を皮切りに、静岡高等学校、第一高等学校など旧制高等学校の教授として、法制およびドイツ語を教えた。高等学校時代から新渡戸稲造(にとべいなぞう)、内村鑑三(うちむらかんぞう)の影響のもと、キリスト教に入信、生涯その深い信仰に基づく使命感によって、学生を指導した。信仰者の立場から、とくにアウグスティヌスを研究して、神学、哲学に関する著作を残し、『三谷隆正全集』に収められている。[大谷啓治]
『『三谷隆正全集』全5巻(1965~1966・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三谷隆正の関連キーワード高等普通教育一条校高等学校大学予備門ナンバースクール新制高等学校ネームスクール一高第一高等学校長谷川雷助

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone