コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

報身 ほうじんsaṃbhogakāya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

報身
ほうじん
saṃbhogakāya

仏教用語。法,報,応の三身の一つ。菩薩を立て修行し,多くの年月の間に精進努力した報いによって,仏徳の顕現した身体をいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほう‐じん【報身】

仏語。仏の三身の一。菩薩(ぼさつ)であったときに願を立て、修行を積んだ報いとして得た仏身

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

報身【ほうじん】

過去の(がん)と行(ぎょう)が原因で現在無限の力とすぐれた容姿をもって現れている仏。法身(ほっしん)・応身とともに三身の一つ。衆生救済のため常に説法し,常に光を放つとされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ほうじん【報身】

〘仏〙 〔「ほうしん」とも〕 仏の三身の一。菩薩のときの修行や願の功徳によって完全な悟りの世界にはいった存在としての仏。 → 三身

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

報身
ほうじん

仏教用語。サンスクリット語サンボーガカーヤsabhogakyaの漢訳で、仏(ぶつ)の三身(さんじん)(法身(ほっしん)、報身、応身(おうじん))の一つ。悟りを求める人(菩薩(ぼさつ))が仏になるための因としての行を積み、その報いとしての功徳(くどく)を備えた仏の身体。また報身には法身、応身を統合したような概念があり、永遠な真理が現存する生きた姿として現れた仏身を意味する。[坂部 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の報身の言及

【仏身論】より

…大乗仏教になって仏身に関する思索が深まり,中観派の竜樹,さらには瑜伽行派の弥勒(マイトレーヤ),無著世親らの論師たちによって最終的に3種の仏身をたてる〈三身説〉が成立した。三身とは(1)法身(ダルマ・カーヤdharma‐kāya),(2)報身(サンボーガ・カーヤsambhoga‐kāya),(3)応身(化身,ニルマーナ・カーヤnirmāṇa‐kaya)の3種,あるいは(1)自性身(スババーバ・カーヤsvabhāva‐kāya),(2)受用身(サンボーガ・カーヤsambhoga‐kāya),(3)変化身(ニルマーナ・カーヤnirmāṇa‐kāya)の3種をいう。これら三つは論師あるいは宗派によって微妙に解釈を異にするが,前者の三身を略説すると次のごとくである。…

【仏陀】より

…仏教では仏陀として過去七仏,未来仏としての弥勒仏,過去・現在・未来の三千仏などが考えられるようになった。また三身の説,すなわち真理そのものとしての法身(ほつしん)仏(たとえば毘盧遮那(びるしやな)仏),願を立てて浄土の主となり衆生の救済をはかる報身(ほうじん)仏(たとえば阿弥陀),娑婆世界に人間の姿をとって現れる応身(おうじん)仏(たとえば釈迦牟尼仏)の説が出現した。仏(ぶつ)仏教【定方 晟】。…

※「報身」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

報身の関連キーワード神奈川県小田原市南町奈良原山経塚毘盧遮那仏三仏菩提阿弥陀仏受用身他受用三仏土報身仏山伏十身仏土化身顕教仏語おん報土化仏

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android