コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三遊亭円橘(2代) さんゆうてい えんきつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三遊亭円橘(2代) さんゆうてい-えんきつ

1837-1906 幕末-明治時代の落語家。
天保(てんぽう)8年2月生まれ。3代立川焉馬(たてかわ-えんば)に入門し,立川花久馬(かくば)を名のる。明治2年初代三遊亭円朝の門にはいり,5年ごろ円橘と改名。人情噺(ばなし),落とし噺を得意とし,三遊派で重きをなした。明治39年7月11日死去。70歳。江戸出身。本名は佐藤三吉

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

三遊亭円橘(2代)の関連キーワードファン=ドールン児童雑誌常磐津文字太夫光の科学史ドールンリーズデールファリエールサンジカリズム鉄筋コンクリート構造ドゥーマ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android