コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陸前国 りくぜんのくに

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陸前国
りくぜんのくに

現在の宮城県の大部分岩手県の南東部を占める旧名。古くは陸奥国に属したが,明治1 (1868) 年陸奥国を5ヵ国に分割した際に成立。同2年桃生 (石巻) ,登末の2県がおかれ,同4年の廃藩置県後,仙台県に統合。翌年宮城県となった。 1877年気仙郡が岩手県へ編入された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

りくぜん‐の‐くに【陸前国】

陸前

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

陸前国【りくぜんのくに】

旧国名。現在の宮城県の南部を除くほぼ全域と岩手県南東部。1868年陸奥(むつ)国を分割して新設。1876年当国域にあった13郡を宮城県,気仙(けせん)郡を岩手県に編入。
→関連項目三陸海岸

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陸前国
りくぜんのくに

旧国名。現在の宮城県のほぼ全域と岩手県の一部にあたる。東は太平洋に面し、北は陸中、西は羽前(うぜん)、南は磐城(いわき)の各国に接する。1868年(明治1)12月7日付けの太政官(だじょうかん)布告により、陸奥(むつ)国が「広く教化を施し、風俗を移易し、人民撫育(ぶいく)の道を厚く」するとの理由で5国に分けられたときの1国。初め柴田(しばた)、名取(なとり)、宮城、黒川、賀美(かみ)、玉造(たまつくり)、志田、遠田、栗原、登米(とよね)、牡鹿(おしか)、桃生(もものう)、本吉(もとよし)、気仙(けせん)の14郡よりなる。1869年8月、石巻(いしのまき)県、登米県を建置、1870年9月、石巻県を廃して登米県へ合併、このほか桃生県なども置かれたが、71年11月、従来の諸県を廃して、牡鹿、桃生、遠田、志田、賀美、黒川、宮城、名取、柴田の9郡と磐城国3郡をもって仙台県とし、気仙、本吉、登米、栗原、玉造の5郡と陸中国3郡をもって一関(いちのせき)県が成立、翌72年1月、仙台県を宮城県と改称、一関県は水沢県を経て磐井(いわい)県となり、76年4月、前述の同県陸前5郡を宮城県へ編入、同時に磐城3郡を磐前(いわまえ)県へ移管、同年5月、気仙(けせん)郡を岩手県へ移し、同8月、磐城3郡を宮城県へ再編入し、現在に至る。[菊池克美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の陸前国の言及

【宮城[県]】より

…北は岩手県,北西は秋田県,西は山形県,南は福島県に接する。
[沿革]
 県域はかつての陸奥国,明治の分国以後は陸前国の大部分と磐城(いわき)国北部にあたり,江戸時代は仙台藩伊達氏62万石の領地であった。1868年(明治1)奥羽越列藩同盟の盟主となった仙台藩は,戊辰戦争敗北後,新政府によって一時領地を没収された。…

【陸奥国】より

… 1868年(明治1)戊辰戦争に際し諸藩は奥羽越列藩同盟を結んだが,会津戦争に敗れた。新政府は同年12月領地没収などの処分を行うとともに,陸奥国を磐城(いわき)国(現,福島県東部と宮城県南部),岩代(いわしろ)国(現,福島県中・西部),陸前国(現,宮城県中・北部と岩手県南東部),陸中国(現,岩手県の大部分と秋田県北東部),陸奥国(現,岩手県北西部と青森県)の5国に分割した。【渡辺 信夫】。…

※「陸前国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

陸前国の関連キーワード斎藤 七五郎村松 亀一郎十文字 信介戸板 関子国分 青厓鮎貝 槐園千葉卓三郎宮城[県]伊達 邦宗園部 秀雄遠藤 良吉岩手(県)生江 孝之首藤 陸三鈴木 大亮落合直文三陸地方千葉周作志賀 潔大槻俊斎

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android