コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三隅研次(読み)ミスミケンジ

百科事典マイペディアの解説

三隅研次【みすみけんじ】

映画監督。京都生れ。1941年立命館大学卒業後,日活京都撮影所に入社。のち大映に移籍。衣笠貞之助伊藤大輔などに師事。監督第1作は《丹下左膳・こけ猿の壷》(1954年)。主に時代劇を手がけ,特に市川雷蔵勝新太郎の新しい側面を引き出したことで評価されている。代表作に《大菩薩峠》(1960年),《座頭市物語》(1962年),《眠狂四郎勝負》(1964年),《無法松の一生》(1965年),若山富三郎主演の《子連れ狼・子を貸し腕貸しつかまつる》(1972年)をはじめとする〈子連れ狼シリーズ〉などがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三隅研次 みすみ-けんじ

1921-1975 昭和時代後期の映画監督。
大正10年3月2日生まれ。召集,シベリア抑留をへて昭和22年大映にはいる。29年「丹下左膳・こけ猿の壺(つぼ)」で監督デビュー。時代劇に切れ味をみせ,代表作に市川雷蔵主演「斬(き)る」「剣」,勝新太郎主演「座頭市物語」などがある。昭和50年9月24日死去。54歳。京都出身。立命館大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みすみけんじ【三隅研次】

1921~1975) 映画監督。京都生まれ。流麗な作風で戦後の娯楽時代劇に新生面を拓いた。「斬る」「新選組始末記」、「座頭市」「眠狂四郎」の各シリーズなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の三隅研次の言及

【大菩薩峠】より

…第3回は同じく東映の《大菩薩峠》三部作(1957‐59)で,監督は内田吐夢(とむ),机竜之助を前作と同じ片岡千恵蔵,お浜・お豊の二役を長谷川裕見子が演じた。第4回は大映の《大菩薩峠》三部作(1960‐61)で,監督は第1部・第2部が三隅研次,第3部が森一生,机竜之助には市川雷蔵,お浜・お豊には中村玉緒が扮した。第5回は東宝の《大菩薩峠》(1966)で,監督は岡本喜八,机竜之助を仲代達矢,お浜を新珠三千代が演じた。…

※「三隅研次」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三隅研次の関連情報