コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上せる ノボセル

デジタル大辞泉の解説

のぼ・せる【上せる】

[動サ下一][文]のぼ・す[サ下二]

㋐取り上げて公の場に出す。「話題に―・せる」
㋑正式に書き記して残す。記載する。「議事録に―・せる」
㋒料理として出す。「山海の珍味を食膳に―・せる」
㋓上演されるようにする。「舞台に―・せる」
㋔頭にうかべる。「意識に―・せる」
高い所へあがらせる。上の位に進ませる。「演壇に―・せる」「地位を―・せる」

㋐上流へ向かわせる。さかのぼらせる。
「真木のつまでを百足らず筏に作り―・すらむ」〈・五〇〉
㋑地方から都へ送る。のぼらせる。
「田舎よりも国の物など―・せ」〈沙石集・二〉
㋒貴人の所へ呼び寄せる。
「下なるをも呼び―・せ」〈・四九〉
㋓おだてる。
「今少し―・せなば、五十両は出しさうな大臣と思ひ」〈浮・禁短気・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

のぼせる【上せる】

( 動下一 ) [文] サ下二 のぼ・す
取り上げて人々の前に示す。
話題・議題にする。 「教育問題を話題に-・せる」
記して残す。書き記す。 「記録に-・せる」 「歴史に-・せる」
(「梓にのぼせる」の形で)印刷して出版する。
(「食卓(食膳)にのぼせる」の形で)食べ物として食事に出す。 「食膳に-・せる」
(「舞台にのぼせる」の形で)脚色したりして劇場の舞台で演じられるようにする。 「書きおろしの新作を舞台に-・せる」
頭に思い浮かべる。 「一人の女を意識に-・せて座興にしようとして/星座 武郎
高い所・上の方へ行かせる。
高い所・場所へ移動させる。あげる。乗せる。登らせる。 「粗籠あらこに人を-・せてつり上げさせて/竹取」
川の上流へ移動させる。のぼらせる。 「百足らず筏に作り-・すらむ/万葉集 50
地方から都へ人や物を送る。のぼらせる。 「東国より人を-・せんずるぞ/平治
貴人のもとへ参上させる。 「下なるをも呼び-・せ/枕草子 49」 「そそのかいて-・せ奉り給ふを/寝覚 3
いい気にさせる。おだてる。 「今少し-・せなば、五十両は出しさうな大臣と思ひ/浮世草子・禁短気」 〔「のぼる」に対する他動詞〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

上せるの関連キーワードキャパシティービルディング逆上せる・上気せる食膳上す

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上せるの関連情報