コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上せる ノボセル

2件 の用語解説(上せるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

のぼ・せる【上せる】

[動サ下一][文]のぼ・す[サ下二]

㋐取り上げて公の場に出す。「話題に―・せる」
㋑正式に書き記して残す。記載する。「議事録に―・せる」
㋒料理として出す。「山海の珍味を食膳に―・せる」
㋓上演されるようにする。「舞台に―・せる」
㋔頭にうかべる。「意識に―・せる」
高い所へあがらせる。上の位に進ませる。「演壇に―・せる」「地位を―・せる」

㋐上流へ向かわせる。さかのぼらせる。
「真木のつまでを百足らず筏に作り―・すらむ」〈・五〇〉
㋑地方から都へ送る。のぼらせる。
「田舎よりも国の物など―・せ」〈沙石集・二〉
㋒貴人の所へ呼び寄せる。
「下なるをも呼び―・せ」〈・四九〉
㋓おだてる。
「今少し―・せなば、五十両は出しさうな大臣と思ひ」〈浮・禁短気・三〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

のぼせる【上せる】

( 動下一 ) [文] サ下二 のぼ・す
取り上げて人々の前に示す。
話題・議題にする。 「教育問題を話題に-・せる」
記して残す。書き記す。 「記録に-・せる」 「歴史に-・せる」
(「梓にのぼせる」の形で)印刷して出版する。
(「食卓(食膳)にのぼせる」の形で)食べ物として食事に出す。 「食膳に-・せる」
(「舞台にのぼせる」の形で)脚色したりして劇場の舞台で演じられるようにする。 「書きおろしの新作を舞台に-・せる」
頭に思い浮かべる。 「一人の女を意識に-・せて座興にしようとして/星座 武郎
高い所・上の方へ行かせる。
高い所・場所へ移動させる。あげる。乗せる。登らせる。 「粗籠あらこに人を-・せてつり上げさせて/竹取」
川の上流へ移動させる。のぼらせる。 「百足らず筏に作り-・すらむ/万葉集 50
地方から都へ人や物を送る。のぼらせる。 「東国より人を-・せんずるぞ/平治
貴人のもとへ参上させる。 「下なるをも呼び-・せ/枕草子 49」 「そそのかいて-・せ奉り給ふを/寝覚 3
いい気にさせる。おだてる。 「今少し-・せなば、五十両は出しさうな大臣と思ひ/浮世草子・禁短気」 〔「のぼる」に対する他動詞〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上せるの関連キーワード似せる寝かせる寝せる上す飲ませる遣らせる読ませる痂せる取上せるま・せる

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上せるの関連情報