コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上大静脈症候群 じょうだいじょうみゃくしょうこうぐん superior vena cava syndrome

2件 の用語解説(上大静脈症候群の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上大静脈症候群
じょうだいじょうみゃくしょうこうぐん
superior vena cava syndrome

上大静脈の狭窄,閉塞によって生じる症候群。症状は狭窄の程度に応じてさまざまであるが,典型的な場合,顔面,頸部,上肢の浮腫,胸壁の静脈拡張,チアノーゼなどがみられる。原因は大多数が縦隔の悪性腫瘍や肺癌であるが,大動脈瘤,縦隔線維症,良性縦隔腫瘍によるものもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館の解説

じょうだいじょうみゃくしょうこうぐん【上大静脈症候群 Superior Vena Cava Syndrome】

[どんな病気か]
 頭部、頸部(けいぶ)、上肢(じょうし)から血液を運んでくる静脈は、胸骨(きょうこつ)の後ろにある縦隔(じゅうかく)という場所で1本の太い静脈(上大静脈(じょうだいじょうみゃく))となって心臓に流れ込みます。この上大静脈が、なんらかの原因で外部から圧迫されたり、静脈内に血栓(けっせん)(血液のかたまり)が形成されて内腔(ないくう)がふさがれると、上半身からの静脈血の還流が障害され、上半身、とくに頸部から顔面にかけて、うっ血(けつ)や腫(は)れを生じます。これを上大静脈症候群といいます。
[原因]
 肺がんなど、胸部の悪性腫瘍(あくせいしゅよう)(がん)によるものがもっとも多く、約80%を占めています。
 ほかに、胸部大動脈瘤(きょうぶだいどうみゃくりゅう)の圧迫によるものがあります。また、カテーテル長期間静脈内に留置(留置カテーテル)したために、静脈内に血栓ができてしまうケースも増えています。
[治療]
 悪性腫瘍が原因の場合は、対症療法が中心となります。できるだけベッド上にからだを起こして座るようにして(坐位(ざい))、静脈血を還流しやすくします。
 外科的には、血栓を取り出す手術やバイパス形成術が行なわれることもあります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

上大静脈症候群の関連キーワード頸部・頚部何心地頸部子宮頸部ドンナ頸部ジストニア大腿骨頸部頸部腫瘍前立腺症外傷急性期けいれん

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone