コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胸部大動脈瘤 きょうぶだいどうみゃくりゅう Aneurysm of the Thoracic Aorta

1件 の用語解説(胸部大動脈瘤の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

きょうぶだいどうみゃくりゅう【胸部大動脈瘤 Aneurysm of the Thoracic Aorta】

◎持続する胸背部痛は破裂の徴候
[どんな病気か]
 横隔膜(おうかくまく)より上にある大動脈にできる動脈瘤(どうみゃくりゅう)です。上行(じょうこう)、弓部(きゅうぶ)、下行(かこう)および胸腹部大動脈瘤(きょうふくぶだいどうみゃくりゅう)にそれぞれ区別されます。症状や治療法が発生部位によってちがいますから、発生部位がどこであるかはとても重要です。
[原因]
 加齢にともなう動脈硬化(どうみゃくこうか)によるものが大部分で、そのほかに梅毒(ばいどく)、炎症性、嚢状中膜壊死(のうじょうちゅうまくえし)、そして外傷によるものがあります。
 嚢状中膜壊死は、血管壁の中膜が変性して壁が弱くなったもので、先天的原因によるとされています。炎症性のものは、大動脈炎症候群(脈(みゃく)なし病)と同じ原因とされており、女性に多く、眼症状をともなうことがあります。
 また、転落や交通外傷による範囲の広いけが(鈍的外傷)が原因でおこる仮性動脈瘤(かせいどうみゃくりゅう)の好発部位は大動脈狭部です。
[症状]
 はじめは無症状のことが多く、健康診断などで撮影した胸部X線写真の異常陰影から、偶然発見されることがよくあります。
 進展すると、気管や食道が瘤(こぶ)の拡大で圧迫され、咳嗽(がいそう)(せき)、呼吸困難嚥下障害(えんげしょうがい)(飲み込みにくい症状)、頸部静脈(けいぶじょうみゃく)の怒張(どちょう)(皮膚に血管が浮きあがった状態)がみられるほか、声帯の動きをつかさどる反回神経(はんかいしんけい)の圧迫による嗄声(させい)(しゃがれ声)や、骨の圧迫による椎体(ついたい)(背骨)の破壊がみられたりします。
 上行大動脈瘤(じょうこうだいどうみゃくりゅう)では、大動脈弁輪(だいどうみゃくべんりん)の拡大による大動脈弁逆流(だいどうみゃくべんぎゃくりゅう)(閉鎖不全)現象が現われ、それによって左心不全症状(さしんふぜんしょうじょう)(呼吸困難、息切れ)や狭心痛(きょうしんつう)を合併することがあります。
 持続する胸背部痛は、瘤の破裂の前兆(切迫破裂(せっぱくはれつ))と考えるべきです。破裂すると、激痛とともに心タンポナーデ(心嚢内に血がたまる状態)、血胸(けっきょう)(胸腔膜(きょうくうまく)内に血がたまる状態)、喀血(かっけつ)などがおこってショック状態となり、死に至ります。ただし、肺がん縦隔腫瘍(じゅうかくしゅよう)、食道がんも同様の症状をともなうことがあるので、専門医による正確な診断、治療が肝要です。
[検査と診断]
 大動脈瘤に特徴的な血液検査所見はありませんが、大動脈瘤の患者さんには動脈硬化、糖尿病、あるいは炎症病変を認めることが多くあります。
 胸部X線写真を撮ると、大動脈の瘤状の陰影、縦隔陰影の拡大、気管・気管支の圧排(あっぱい)(押されてずれている状態)がみられます。
 CTスキャンによる検査は、瘤の大きさ、部位、壁の性状についての情報が的確に得られるため、診断にきわめて有用です。造影剤を使用すると、瘤内の血流、壁の厚さ、壁にできた血栓(けっせん)の状態までも診断できます。最近では、三次元CTが開発され、瘤の立体像も見ることができるようになりました。
 超音波断層法も無侵襲(むしんしゅう)(からだに負担のない)で有用な検査法です。また、MRI(磁気共鳴画像装置)では、大動脈瘤の大きさ、形態、壁の性状のみならず、分枝(ぶんし)との関係も診断できます。
 大動脈造影検査は、大動脈瘤の部位、範囲、形態、主要分枝との関係、大動脈弁閉鎖不全(だいどうみゃくべんへいさふぜん)の程度を確認し、治療方針を決めるうえで、もっとも重要です。
◎外科的治療が第一
[治療]
 大動脈瘤は、いったん破裂させてしまうと、その治療成績はきわめて悪くなります。年齢、瘤の大小、部位、性状を問わず、破裂前の外科的治療を第一に考えるべきです。
 無症状の小さな瘤ならば、内科的治療も可能ですが、降圧薬の服用を続けながら、定期的に瘤の拡大の有無のチェックを受けることがたいせつです。
 通常、瘤の大きさが5cm以上になったり、前述したような症状があるときは、手術の適応とされます。手術前に、高血圧、糖尿病や心疾患などの合併症の治療が行なわれるとともに、禁煙、呼吸訓練を行ないます。これは手術後の経過をよくするためです。
 外科治療のポイントは、安全確実に大動脈瘤を切除し、人工血管に置き換えることにあります。大動脈閉鎖不全を合併した上行大動脈瘤には人工弁を内蔵した人工血管置換術(じんこうけっかんちかんじゅつ)が、上行、下行胸部大動脈瘤(かこうきょうぶだいどうみゃくりゅう)には人工血管置換術が、弓部大動脈瘤(きゅうぶだいどうみゃくりゅう)には側枝(そくし)つき弓部人工血管置換術が行なわれます。
 人工血管は、最近では、ほとんどコラーゲンやゼラチンで被覆(ひふく)された、平織(ひらお)りや綾織(あやお)りのダクロン糸製のものが用いられます。血液のもれもなく、安全性についても問題ありません。
 手術中は、大動脈瘤への血流を一時的に遮断(しゃだん)しなければなりません。遮断部位は、瘤の発生部位によって異なりますが、遮断部位より末梢(まっしょう)側(心臓より遠いほう)への血流を維持するため、適切な補助手段が必要になります。
 胸部大動脈瘤の手術における補助手段は、上行大動脈瘤では通常の開心術(かいしんじゅつ)と同様、人工心肺(じんこうしんぱい)を用いた完全体外循環法(かんぜんたいがいじゅんかんほう)が、弓部大動脈瘤には脳保護を考えた脳分離完全体外循環法(のうぶんりかんぜんたいがいじゅんかんほう)または超低体温循環停止法(ちょうていたいおんじゅんかんていしほう)が、下行大動脈瘤には部分体外循環法(ぶぶんたいがいじゅんかんほう)または一時的体外(いちじてきたいがい)バイパス法(ほう)が用いられます。
 これらの補助手段によって、術中の脳障害や脊髄(せきずい)まひ、心、肺、腎(じん)、肝臓など、主要臓器へのダメージを予防するのです。
●手術後の養生
 合併する疾患にもよりますが、手術にともなう入院期間は、通常1か月です。手術後は早期離床につとめ、積極的に運動を開始し、社会復帰を早められるようにします。
 社会復帰後は、定期的に診察を受け、合併していることが多い高血圧、糖尿病、心臓病などを治すようにします。
[日常生活の注意]
 高血圧や動脈硬化の改善と予防がたいせつです。禁煙を守り、さらに食事においては、塩分や脂肪のとりすぎを日ごろから注意することがたいせつです。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

胸部大動脈瘤の関連キーワード胸背背部破裂どんどん橋敗徴夢の徴副腎機能亢進性思春期徴候等色持続の法則全身持久力動脈破裂 (arteriorrhexis)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

胸部大動脈瘤の関連情報