上松町(読み)あげまつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「上松町」の解説

上松〔町〕
あげまつ

長野県南西部,木曾谷の中央部にある町。 1922年町制。中心集落の上松近世中山道 (国道 19号線) の宿場町で,また木曾の森林管理の中心地。町域の大部分を国有林が占め,林業が行われる。付近には木曾桟 (きそのかけはし) ,寝覚ノ床 (名勝) ,天然ヒノキの赤沢自然休養林などの景勝地がある。木曾駒ヶ岳への登山起点。木曾川に沿って JR中央本線が通る。面積 168.42km2人口 4670(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android