上河内(読み)かみかわち

日本大百科全書(ニッポニカ)「上河内」の解説

上河内
かみかわち

栃木県中部、河内郡にあった旧町名(上河内町(まち))。現在は宇都宮市(うつのみやし)の北部に位置する地域。旧上河内町は1994年(平成6)町制施行。2007年(平成19)宇都宮市に編入。国道293号が通じる。旧町域の北縁、東縁を流れる鬼怒(きぬ)川がつくる沖積地には、文禄(ぶんろく)年間(1592~1596)に開削された逆木用水(さかさぎようすい)で灌漑(かんがい)される水田が広がる。西部は梵天祭(ぼんてんまつり)(羽黒山神社の例祭、11月)で有名な羽黒山(458メートル)を含む丘陵地域。産業の中心は、米作畜産を中心とする農業であるが、市の中心部市街地への通勤者が年々増加している。特産としてユズがあり、今里のユズ園がつくられている。関白(かんぱく)地区で行われる天下一関白神獅子舞(ししまい)は県指定無形民俗文化財。

[櫻井明久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「上河内」の解説

上河内
かみかわち

栃木県中部,宇都宮市北部の旧町域。足尾山地北東端の丘陵から鬼怒川右岸の平地にある。 1955年羽黒村,絹島村が合体して上河内村となり,1994年町制。 2007年宇都宮市に編入。米作と畜産が主で,北部の丘陵地からカオリンが採掘される。羽黒山 (458m) に羽黒山神社がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android