コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上箕田遺跡 かみみだいせき

世界大百科事典 第2版の解説

かみみだいせき【上箕田遺跡】

三重県鈴鹿市上箕田町の南方にある水田中に位置し,現在の海岸線から約2km余入った沖積平野の真ん中にある,弥生時代の全期間を通しての集落遺跡。古墳時代後期の墓地,平安時代後半の柱穴群,中世の溝なども検出されている。1960年の水田改修工事と,68‐69年におこなった圃場整備にともなう2度の発掘調査により,弥生時代前期の溝,同後期の杭列をともなう水路や方形周溝墓,古墳時代の溝状遺構と甕棺群がみつかっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

上箕田遺跡の関連キーワード三重県鈴鹿市上箕田町

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android