コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中ノ湯温泉 なかノゆおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中ノ湯温泉
なかノゆおんせん

長野県西部,上高地の入口にある温泉。松本市に属する。泉質は硫化水素泉。泉温約 70℃。梓川の渓谷斜面,標高 1230mに位置する。国道 158号線が通過し,安房峠も近いため,上高地への行楽客が利用する。江戸中期に松本藩の伐採作業員が利用したのが始まりといわれる。中部山岳国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中ノ湯温泉
なかのゆおんせん

長野県西部、松本(まつもと)市安曇(あずみ)地区にある温泉。上高地の南方、梓(あずさ)川右岸の断崖(だんがい)上にあったが、1998年(平成10)の安房峠工事の際おこった水蒸気爆発事故をきっかけとし、山上の現在地へ移転。穂高山群の眺望が可能となった。江戸時代中ごろから木こりが利用していたといい、原始林に囲まれた一軒宿。静寂な山の湯で新緑と紅葉がすばらしい。泉質は硫黄泉。松本市新島々バスターミナルから国道158号で約1時間。[小林寛義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

中ノ湯温泉の関連キーワード地熱(ちねつ)磐梯山

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中ノ湯温泉の関連情報