コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中世科学 ちゅうせいかがく

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうせいかがく【中世科学】

ここにいう中世科学とは〈ヨーロッパ中世科学〉の謂であり,3世紀から14世紀にかけて西欧キリスト教世界を背景として発達し,ラテン語により記録された科学のことである。この〈中世ラテン科学〉は,ギリシアアラビアの学術文献が精力的にラテン語訳された12世紀の大翻訳時代を境に大きく前期後期に分けられる。さらに前期は3~4世紀の〈教父の時代〉,5~7世紀の〈ラテン編纂家の時代〉,8~9世紀の〈カロリング・ルネサンスの時代〉,10~11世紀の〈アラビアとの接触の時代〉に,後期は〈12世紀ルネサンスの時代〉,13世紀の〈自立と総合の時代〉,14世紀の〈ガリレイ先駆者の時代〉に分けられよう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

中世科学の関連キーワードジョージ・アルフレッド・レオン サートンジャービルブンハッヤーンカロリング・ルネサンスオマル・ハイヤームイスラム科学平田寛(1)伊東俊太郎デュエム平田 寛科学史

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中世科学の関連情報