コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中分 チュウブン

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐ぶん【中分】

半分に分けること。
「今日より後は天下を―して」〈太平記・二八〉
五分五分に扱うこと。対等に見ること。
「工藤左衛門祐経と、匹夫下郎の本多と、―の扱ひとはお恨めしい」〈浄・会稽山
間をとって妥協しあうこと。また、仲裁すること。
「身どもは弓矢で射殺さうと申さう。こなた―に入って…往なしませう」〈続狂言記・禁野〉
中くらい。なかほど。
「―より下の渡世をするものなり」〈浮・胸算用・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうぶん【中分】

( 名 ) スル
半分に分けること。真二つにすること。 「下地したじ-」 「今日より後は天下を-して/太平記 28
同等に扱うこと。 「工藤左衛門祐経と匹夫下郎の本多と-の扱ひとはお恨めしい/浄瑠璃・会稽山」
争いなどの和解のために、中間をとって妥協し合うこと。またそのような方法で第三者が仲裁すること。特に、中世の所領争いの解決法として多く行われた。 「 -ニイル/日葡」
中ぐらい。中等。中流階級。 「乞食するほどの身体にもならぬもの-より下の渡世をするものなり/浮世草子・胸算用 5

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

中分の関連キーワードヘキサメチレンテトラミン(データノート)教養娯楽用耐久財スペースシャトル日本標準産業分類チャレンジャーアル・フセイン精密機械工業秋ヶ瀬取水堰右馬允家安空中分解倉吉平野道下俊一伊佐早荘コメット寺田法念神山遺跡食品工業荘園絵図中沢基員下地中分

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中分の関連情報