コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中南海 チュウナンカイ

デジタル大辞泉の解説

ちゅうなんかい【中南海】

中国北京(ペキン)市、北海公園にある湖のうちの中海・南海の周辺地区。故宮博物院の西に位置し、明・清代は紫禁城の庭園の一部であった。チョンナンハイ。
中国共産党および政府の重要機関や要人の住居があることから》中国共産党指導部または中華人民共和国政府のこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

中南海

日本で発売されている外国産タバコブランド。輸入、販売は太豊通商。原産地は中国。「ライト」「スーパーライト」「ワン」のほか、メンソールタイプがある。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうなんかい【中南海 Zhōng nán hǎi】

中華人民共和国の最高級の指導部の所在地であり,その指導者の居住地。北京の故宮の西側,新華門内の一画。明・清時代の皇城の西半分つまり西苑(北海,中海,南海)の南半である。辛亥革命後,北洋時代には同所に大総統府,国務院が置かれた。南海中の瀛台(えいだい)は,西太后によって光緒帝が幽閉された場所として有名だが,民国期にも黎元洪が袁世凱に,曹錕が馮玉祥(ふうぎよくしよう)に監禁された地である。ちなみに北海は,現在は公園として一般に開放されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちゅうなんかい【中南海】

中国、北京の故宮博物院の西側にある地区。清代の皇宮庭園の一部で、現在は政府の最高機関の所在地であり、要人の居住地。チョンナンハイ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中南海
ちゅうなんかい / チョンナンハイ

中国の首都北京(ペキン)の中央部にある湖、中海、南海周辺の地区名。故宮博物院の西側に位置する。中国共産党および政府の重要機関や要人の住居が多い。中海、南海は北側の北海とともに、明(みん)・清(しん)時代の皇宮である紫禁城(しきんじょう)の庭園の一部になっていた。[船越昭生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中南海の関連情報