コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曹錕 ソウコン

デジタル大辞泉の解説

そう‐こん〔サウ‐〕【曹錕】

[1862~1938]中国の政治家。天津の人。袁世凱(えんせいがい)とともに近代軍の創設に尽力。直隷(ちょくれい)派の巨頭で、袁の死後、1923年に大総統に就任したが、馮玉祥(ふうぎょくしょう)のクーデターにより失脚。ツァオ=クン。

ツァオ‐クン【曹錕】

そうこん(曹錕)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

そうこん【曹錕 Cáo Kūn】

1862‐1938
中国の軍人。天津の人,字は仲珊。淮軍の兵士から天津武備学堂を経てしだいに頭角を現した。馮国璋(ふうこくしよう)死後,直隷派総帥となり,1923年には中華民国大総統となった。国会議員を1票5000円で買収したいわゆる〈賄選〉である。曹の名は賄選と不可分のものとなり,彼が公布した解放前唯一の憲法も〈賄選憲法〉と呼ばれている。翌年,第2次奉直戦争に敗れて中南海に軟禁されたが,26年,張作霖に釈放され,のち天津で病没した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


そうこん / ツァオクン
(1862―1938)

中国の軍閥直隷(ちょくれい)派の首脳。天津(てんしん)の生まれ。天津北洋武備学堂卒業。日清(にっしん)戦争に参加、以後、袁世凱(えんせいがい)の部将として活躍し、その後の地歩を築いた。1916年袁の死後直隷督軍兼省長となり、馮国璋(ふうこくしょう)の死(1919)後、直隷派の首領となる。1920年、日本に支持された段祺瑞(だんきずい)の安徽(あんき)派と、イギリス・アメリカの支持する曹・呉佩孚(ごはいふ)の直隷派との直皖(ちょくかん)(安直)戦争、さらに1922年の第一次奉直戦争に勝利して、北京(ペキン)政府の政治権力を手中にし、直隷派の黄金時代を築いた。そして曹は、大総統への野望から、アメリカの支持を得て、国会議員に対する買収と強迫によって、1923年大総統の地位につき、憲法を公布した。民衆はこれを「賄選(わいせん)総統」「賄選憲法」と評し、直隷派の暗黒支配に対する反軍閥闘争を展開した。1924年列強の利害も絡んだ大規模な内戦であった第二次奉直戦争で、馮玉祥(ふうぎょくしょう)のクーデターによって失脚、まもなく天津に閑居し、そこで没した。[南里知樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

曹錕の関連キーワード馮玉祥呉佩孚こん

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android